hakaru.ai
GMO

スマホで写真を撮るだけでメーター読み取りと台帳記入ができる「hakaru.ai」

次の記事

犬の癌を治療するスタートアップがAndreessen Horowitzから500万ドルのシードを調達

GMOインターネットグループのGMOクラウドは1月24日、メーターをスマートフォンで撮影するだけでAIが画像認識で値を読み取り、集計・台帳記入を自動で行う「hakaru.ai byGMO」(以下、hakaru.ai)を提供開始すると発表した。

工場やビル管理などの現場では、作業員がメーターを目視して値を集計するという業務がある。この業務の効率化と、人的ミス防止のために開発されたのがhakaru.aiだ。同サービスの導入は簡単で、メーターに専用のQRコードシールを貼るだけ。あとは、スマートフォンのカメラでメーターの値とQRコードを一緒に写すだけで、Web台帳へとリアルタイムに記帳される。読み取ったデータをグラフ化するなどの作業も簡単にでき、異常発生時には管理者へ自動通知する機能も備えている。hakaru.aiは針で値を示すアナログメーター、デジタルメーター、昔のクルマの走行距離計でおなじみの回転式メーター(5ケタ)に対応している。

これまでにも、メーターの読み取りのためにカメラを設置するなどのサービスは存在していたが、それに比べてhakaru.aiの導入に必要なのはQRコードシールを貼るだけと、導入時のコストや手間は圧倒的に低いことが特徴。

hakaru.aiは2018年7月にベータ版を開始。応募があった53社のうち、これまでにビル管理会社など31社に導入済みだという。

【関連記事】
「AIが世界の不平等を悪化させる可能性」と世界経済フォーラムが警鐘
AI市場は急成長中だが正確な数字を知るのは難しい
ドローン画像と機械学習を利用する果樹園精密農業は果樹を個体管理できる
評価額最高の中国AIスタートアップが常総市に自動運転施設を開設
AppleのAI責任者がエグゼクティブチームのメンバーに加わった