全画面
ジャックなし

「ジャックなし」スマホがまた1つ登場「Vivo Apex 2019」

次の記事

Apple、Mac App StoreにとうとうOffice 365を追加、サブスクリプション可能に

未来には、あらゆるものがディスプレイになる。メガネ、帽子、靴、窓。蛇口をひねってお湯をためるのも画面でできるようになる。もちろん多くの人はそういうものごととは愛蔵半ばする関係にあるだろうが、おそらくやめることはできない。

Apex 2019は、中国のスマートフォンメーカーVivoが繰り出した全画面端末への新たな挑戦だ。このコンセプトモデルは前面カメラを廃止して、同社が以前披露したことのある ポップアップ方式を採用している。前にも書いたが、私は前面カメラを捨てることに反対ではないし、どうやらこれは、モバイル世界に生まれつつあるもう1つのトレンド、「シームレス・スマートフォン」を支えるものらしい。

この分野を最初に切り開いたことで知られているのがMeizuで、今週始めにZeroをデビューさせた。MWC(モバイル・ワールド・コングレス)を間近に控え、今後数週間にはさらに多くの製品が登場するだろうが、ここでは「コンセプト」という単語の意味が重要だ。そしてEngadgetが指摘しているように、この端末にはUSBポートもスピーカーグリルもヘッドホンジャックの類もついていないが、マイクロホンのためのわずかな隙間がある。そう、完璧な人などいない。

改めて、こうしたものすべてが避けられなくなる方向へと進んでいる。完璧なスマートフォンを作るにあたっては、ワイヤレス充電のスピードや、従来型スピーカーと比較した共鳴ディスプレイの音質など、それなりの妥協も必要になるだろう。

しかし、だからこそコンセプトモデルを作るのだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

【関連記事】
Vivoのオールスクリーンスマートフォンはカメラが飛び出す
VivoやHuaweiのカメラを隠すデザインは未来のモバイルを先取りしている?
中国のスマホ出荷21%減、2013年以来最低水準に
Appleがヘッドフォンジャックを廃止、安らかに眠れ
私は今でもヘッドホンジャックが欲しい