認定プログラム
g-suite

Google、デベロッパー・エンジニア向けの認定コースを新たに提供

次の記事

FacebookのMomentsは来月閉鎖、ユーザーは早急にエクスポート作業が必要

本日(米国時間1/24)Googleは、クラウド開発者とエンジニア向けの認定およびトレーニングプログラムを新たに4種類提供することを発表した。Professional Cloud DeveloperProfessional Cloud Network Engineer (beta)、Professional Cloud Security Engineer (beta)、およびG Suite certificationだ。

G Suite認定は他のプログラムとは少々異なり、価格が安く(75ドル)ずっと技術的ではないが、Googleが強調するようにトータルな狙いは「クラウドスキル危機」対策だ。G Suitesを作った理由は、「クラウド移行成功の秘訣は組織全体のスキルを磨くこと」ためだとGoogleは言う。これを確かめるために、G Suite試験ではGmail、Googleドキュメント、ドライブなどのG Suiteツールの主要機能の知識が試される。技術に詳しい人にとっては必要ないと思うだろうが、多くの人たちにとってOfficeかぱG Suiteへの移行はかなりの難題だ。

ほかのテスト、たとえばCloud Developer認定では、Google Cloudプラットフォームでセキュアなアプリケーションの設計、開発、テスト、管理を行う能力を試す。価格は200ドル程度で、複数選択形式で出題される。受験者は準備のために、Couseraあるいはその他のGoogle パートナーが提供するオンデマンドおよび講師によるコースを受けられる。

Googleによると、IT管理者は適切なスキルを持った人材探しに苦労しているので、今回発表した新しい認定プログラムとそれに付随するトレーニングツールによって、その問題に取り組もうとしている。

新たな認定プログラムはGoogleの既存のプログラムに追加されるもので、これまでに、Professional Cloud ArchitectProfessional Data EngineerおよびAssociate Cloud Engineerの認定プログラムが提供されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook