Huaweiは米国マーケット抜きでスマホ販売世界一を目指す

次の記事

B2B決済の大手Tradeshift曰く西欧は没落アジアと中国が世界をリードする

昨年Huaweiは、低調だったスマホ業界で異彩を放った。米国、カナダ政府との関係が希薄になっているのは言うに及ばず、中国での販売も鈍化しているなかで、その成長は驚くべきものだった。

ロイターは、幅広いコンシューマープロダクトや通信プロダクトが貢献し、Huaweiの2018年の売上は50%増だった、と報じているSamsungとAppleがスマホ分野の未来を警戒している一方で、Huaweiはスパイ問題が継続しているにもかかわらず、全世界でのスマホ販売でトップの座をつかみとる確かな可能性があると自信を持っている。

「米国マーケットなしでも我々は世界で(スマホメーカー)ナンバーワンになるだろう」とHuaweiのコンシューマー部門責任者のRichard Yuは新製品発表会見で述べた。「早くて今年、遅くとも来年にはそうなると確信している」。

同社は今週、新しいモデムやチップセットを含む5G計画の一端を明らかにした。チップセットは来月のモバイル・ワールド・コングレスで披露する計画の折りたたみスマホに使用されると予想されている。

Huaweiには確かにこの分野で勢いがある。同社は、不景気やゆっくりしたサイクルでのスマホアップグレード、全世界でのスマホ不況につながるそのほかの要因に立ち向かうことができたように、明らかに正しい方策をとっている。

原文へ 翻訳:Mizoguchi)

【関連記事】
米国がファーウェイを企業秘密窃盗で告訴か
ファーウェイの新年ツイートはiPhoneからだった、最悪タイミングで痛恨ミス
カナダの通信大手がファーウェイを支持
ファーウェイCFOがカナダで逮捕され米国送還へ
ファーウェイがスマートフォンの性能テストで不正行為