MicrosoftがPostgreSQLデータベースを加速するCitus Dataを買収、顧客をAzure化か

次の記事

Huaweiは米国マーケット抜きでスマホ販売世界一を目指す

Microsoft(マイクロソフト)は米国時間1月24日、Citus Data(サイタス・データ)買収したことを発表した。Citus Dataは、PostgreSQLデータベースのスピードとスケーラビリティの向上をサービスとして提供している。同社のPostgreSQLエクステンションはオープンソースのプロダクトで、PostgreSQLデータベースを分散データベースに変換する。NoSQLやドキュメントストアが騒がれている今日でも、リレーショナルデータベース、とくにPostgreSQLは今だに成長市場であり、その理由の一部は、Citusのような企業が、その限界を克服するツールを提供しているからだ。

当然ながらMicrosoftの狙いは、Citus Dataのチームとの協働により「Azureの重要なエンタープライズ機能のPostgreSQLへのデリバリを加速し、重要なPostgreSQLワークロードが確実にAzure上で動くようにする」こと、つまりPostgreSQLユーザーのAzure化だ。Citusの協同ファウンダーたちも、彼らの声明文で同じようなことを言っている。「Microsoftの一員として我々はこれからもPostgreSQLをベースとする素晴らしいデータベースの構築に力を入れ、ユーザーに画期的なスケーラビリティとパフォーマンスおよび彼らが必要とする障害時自己回復力を提供していく。われわれは、この分野におけるイノベーションの推進を継続する」。

PostgreSQLは言うまでもなくオープンソースのツールで、そしてMicrosoftも今やオープンソースの主要なコントリビューターであることは周知の事実だから当然かもしれないが、同社はPostgreSQLのコミュニティとの協働も強調している。Microsoftのスポークスパーソンの言い方では「この買収は弊社のオープンソースへのコミットメントの証であり、Azure PostgreSQLのパフォーマンスとスケーラビリティの向上が目的である」となる。

Citusの現在の顧客は、リアルタイムアナリティクスのChartbeatやメールのセキュリティサービスAgari、そしてPushOwlなどだ。名前は挙げないが、Fortune 100社企業も多いという。同社はクラウドからのDBaaS(Database as a Service)とオンプレミスのエンタープライズバージョンの両方を提供している。そして無料のオープンソースエディションもある。今後も当分それは変らないが、Microsoftは徐々にCitusがホストしているサービスをAzureへ移行させていくのではないか。

買収の価額は公表されていない。2010年に創業したCitus DataはY Combinatorのインキュベータ事業を卒業し、これまでKhosla Ventures、SV Angel、Data Collectiveなどから1300万ドル(14億2400万円)を調達している。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

【関連記事】
CitusDBがPostgreSQL用の列取り出しツールをオープンソースで提供
CitusがAWSと組んでクラウドバージョンCitus Cloudを立ち上げ
Herokuが全ユーザーにPostgreSQLのセキュリティーアップデートを強制適用
Amazon RDSがPostgreSQLサポート、Oracleの私有物となったMySQL離れに対応
MicrosoftがSQL ServerのLinux版を提供