GoogleとSony Pictures ImageworksがオープンソースVFXレンダーマネージャー公開

次の記事

新しいiPad miniとエントリーレベルのiPadがついそこまで来ている

Googleは米国時間1月24日、ソニーの視覚効果やアニメーションのスタジオSony Pictures Imageworks(ソニーピクチャーズ・イメージワークス)との提携により、オープンソースのレンダーマネージャーOpenCue」を発表した。OpenCueは実際にはレンダリングせず、そのさまざまなツールでレンダリング工程を各ステップに分解し、スケジューリングと管理を行う。ローカルとクラウド両様の、大規模なレンダリングファームが使用するツールセットだ。

Googleはもちろん、そんなワークロードをクラウドに持ち込むことに関心があり、ハリウッドのスタジオに同社のCloud Platformを使わせる努力を続けてきた。たとえば2018年はそのためにロサンゼルスにクラウドのリージョンを立ち上げ、また2014年にはクラウド上のレンダラーZync買収した。さらに同社は、Academy Software Foundationの創立メンバーでもある。それは映画産業のためのツールに特化したオープンソースのファウンデーションだ。Sony Pictures Entertainment/Imageworksは創立メンバーではなかったが、創設から数カ月後に参加した

Cue 3はもともと、Imageworksがおよそ15年前から社内で使っていたキューイングシステム(タスクの待ち行列の作成〜発進〜管理を行うシステム)だ。Googleは同社と協働して、そのシステムをオープンソースにした。それは両社協働により、最大コア数15万にまでスケールアップした。

今日の発表声明でGoogleのプロダクトマネージャーであるTodd Prives(トッド・プリヴェス)氏はこう述べている「コンテンツのプロダクションが全世界的かつ継続的に加速している中で、視覚効果のスタジオは高品質なコンテンツの需要に対応するためにますますクラウドに目を向けるようになっている。オンプレミスのレンダーファームは今でも重用されているが、クラウドが提供するスケーラビリティとセキュリティはスタジオに、今日のハイペースでグローバルなプロダクションスケジュールに対応できるための、必要なツールを与える」。

なお、ソニーがオープンソースに手を出すのはこれが初めてではない。同社はこれまでにも、OpenColorIOAlembicなどのツールをオープンソースでコントリビュートしている。

画像クレジット: Sony Pictures Imageworks

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

【関連記事】
GoogleのOmnitoneはサラウンドサウンドでウェブベースVRに一歩近づく
Alexaスキル中でゲームのポイントやヒントを売れる、ソニーピクチャーズも近々利用
ニューラルネットワークを使ってゲームのアニメーションのぎこちなさを減らす
コムキャストがドリームワークス・アニメーションを38億ドルで買収
ソニーピクチャーズTVがデジタル広告事業社の株を過半数得