家入一真氏率いるキメラ、記事のエンゲージメント分析ツール「Chartbeat」提供開始

次の記事

暗号化したままデータ解析可能な「秘密計算」の実用化めざすEAGLYS

CAMPFIRE代表取締役を務める家入一真氏が率いるキメラは1月28日、記事コンテンツのエンゲージメント分析ツール「Chartbeat」を提供する米Chartbeatとパートナーシップ契約を締結し、国内総合代理として営業活動とサポート業務を開始すると発表した。

Chartbeatは、記事コンテンツ1つごとに読者のエンゲージメントを可視化して分析ができるツールだ。アクセスしたデバイスの種別やTwitterなどのSNSにおける記事への反応を調べたり、「新規」「再訪問」「ロイヤルユーザー」と読者をロイヤリティの度合いによって分けて行動パターンを分析する機能などがある。Chartbeatの主な機能は以下の通りだ。

  • Real-Time: アクセス状況を数秒ごとのリアルタイムで表示
  • Historical:過去のアクセス状況を分析
  • Reports:サイト、セクション、著者単位でレポートを出力
  • Advanced Queries:「毎週」など、さまざまな条件を指定してレポート出力
  • Heads Up Display:計測データを記事ページに重ね合わせて表示
  • Headline Testing:記事一覧ページのエンゲージメントを最適化するテスト機能
  • Big Board:大型ディスプレイ向けの指標表示モード
  • Mobile App:リアルタイムのアクセス状況を確認できるスマホアプリ

キメラはプレスリリースの中で、「ページビューを増やして広告収入を伸ばすという従来のモデルから、記事コンテンツを核としたイベント開催、コミュニティー作り、有料購読などメディアビジネスの収益モデルが変化しつつある。今後は質の高い記事コンテンツを提供し、ロイヤリティの高いユーザーをいかに囲い込めるかが重要になる」と、記事コンテンツのエンゲージメント分析の重要性についてコメントした。

キメラは2015年2月の創業。キメラは2015年2月の創業。同年8月にはEast VEnturesなどから約1億円の資金調達を実施し、9月にはクラウドHRサービス「Talentio」を買収して事業再生を行うなどの事業を営んでいた。

【関連記事】
ブロックチェーン導入コンサルが家入一真氏ら率いるNOWから数千万円を調達
連続起業家の家入一真氏らが50億円ファンド設立へ
スマホで写真を撮るだけでメーター読み取りと台帳記入ができる「hakaru.ai」
/CAMPFIREがコミュニティウォレット「Gojo」をBrainCatより事業譲受
家入氏の新会社キメラがHRサービス開発のハッチを買収