FaceTimeのバグであなたのマイクロフォンとカメラを誰でも盗聴盗視可能に

次の記事

中国の2018年スマホ出荷台数は14%減

しばらく、FaceTimeは使わない方がよいかもしれない。

新たに見つかったiOSのバグで、FaceTimeのユーザーは、相手の起呼を受け取る前に相手の声が聞けてしまう。

このバグの話は今朝(米国時間1/28)、シカゴのアーチストBenji Mobbがツイートでデモしてから広まった。その後それを9to5Macが拾って記事にした。

どうやら、FaceTimeのグループコールのシステムのロジックに、バグの原因があるようだ。ここでやり方を書くことは控えるが、このバグによって受信者のスマートフォンはグループコールがすでに進行中である、と思ってしまうらしい。何かタップするとFaceTimeはたちまちトリップ状態になり、まだその起呼を受け取っていないのに受信機のマイクロフォンをonにしてしまう。

さらに奇怪なのは、受信者がその起呼を無視しようとしてボリューム下げボタンや電源ボタンを押すと、こんどはカメラもonになることだ。受信機の画面はその入信を表示しているままだが、マイクロフォンとカメラはストリーミングを開始している。

本誌TechCrunchはiOS 12.1.2が動く複数のiPhoneでこのバグを確認した。Appleに問い合わせたら、スポークスパーソンはこう答えた:

“この問題はすでに承知しており、今週後半のソフトウェアアップデートで修復をリリースする。”

Appleはすでに知ってて、対策を講じ中だ。でも当面の対策は、FaceTimeを無効にすること(Settings > FaceTime)。

日頃からAppleは、プライバシー保護を最大の差別化要因と言っているから、これはかなりまずいバグだ。数週間前には同社は、CESが行われているコンベンション・センターの真ん前のビルに、こんなバナー広告を出した:


[あなたのiPhoneの上で起きることはあなたのiPhoneの上にとどまる。]

写真クレジット: David Becker/ Stringer (Getty)

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa