iPhoneの全世界のアクティブインストールベースが今四半期で9億台を突破

次の記事

不動産取引をエージェント選びから始められる「EGENT」ベータ版正式公開

iPhoneの全世界のアクティブインストールベース(現用インストール総数)が膨大であることは誰もが知っているが、このほど、その正確な数が発表された。Q1の決算報告で同社CFOのLuca Maestriが、それを初めて明かした。

Maestriは曰く、“iPhoneのグローバルなアクティブインストールベースは今も成長を続けており、12月末にはこれまでで最高を記録した。数字を開示するのは今回が初めてだが、9億台を突破した”。

同社の全製品のアクティブインストールベースは、前にも発表したことがある。今日(米国時間1/29)発表されたその数は、12月末現在で14億台、2018年1月末現在の13億台から増加している。決算報告の中では今回も機種別のインストールベースの数値はないが、でも、今回こんな形でiPhoneの台数が公表されたことは、興味深い。

Maestriによると、Appleは今後も“定期的に”、iPhoneと全製品のインストールベースのアップデートを発表するそうだ。

Appleは、何でもいいから明るいニュースが欲しかったのではないか。同社会計年度2019Q1の決算報告には、すでにしぼんでいたマーケットの予想を裏切るような良いニュースがなかった。iPhoneの売上は15%減少した。

関連記事: Apple posts Q1 revenue decline with iPhone sales down 15 percent…Appleの第一四半期売上はiPhoneが15%ダウンして全体としても減少(未訳)

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

【関連記事】
Apple、iPhone XSとXR向けのバッテリーケース発売
iPhoneがランキングを席巻、売れているのはiPhone 8
米金融大手は今年のiPhoneの落ち込みを予想、最悪はXS Max
iPhone XRはiPhone SEになれるだろうか
iPhoneはもうすぐ日本で売れなくなる、アップルはどうするのか?