DEADPOOL

消費者向けGoogle+が4月2日に閉鎖APIの閉鎖は3月7日

次の記事

Apple、FacebookのResarchアプリを規約違反のVPNとして削除、Googleにも同様の疑惑

誰もが知ってるように、Googleの失敗したソーシャルネットワークGoogle+は、4月に生命維持装置を外される。これまで、その正確な日にちは分らなかったが、Googleの今日(米国時間1/30)の発表によると、4月2日だ。

その日にGoogleは、Google+のページや写真、ビデオなど、そのサイト上のすべてのコンテンツを削除する。あなたが、数少ない最後のGoogle+ユーザーだったり、そこにポストしたものが惜しい、とお思いなら、今のうちにダウンロードしよう。

一部の企業のように、会社がGoogle+を使っているなら、それは今後も使い続けることができる。閉鎖されるのは消費者バージョンだけで、Google+のAPIも使えなくなる。セキュリティの重大な欠陥を指摘されたそのAPIは、一足早く3月7日に閉鎖される。

今回の、閉鎖の日程の発表は、Google+のカーテンコールだ。FacebookやTwitterにどうしても追いつきたいGoogleは、ありとあらゆる既存のプロダクトにGoogle+をくっつけた。やり過ぎと思われたのは、あの聖なる検索結果にも、ソーシャルの指標を利用したことだ。全然、効果なかったけど。Google+はGoogleの災害となり、後片付けと復旧にしばらくを要した。

関連記事: 生みの親、ヴィック・グンドトラが去ってGoogle+はどうなるのか?

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa