Googleが3Dプリンターを使って古代遺跡を複製している

次の記事

Amazonがニューヨークの大学とパートナーしてクラウドコンピューティングの技術者を育成

3Dプリントの最大のセールスポイントは、これまでの方法では作るのが難しかったオブジェクトを、作れることにある。しかしGoogleと業務用3DプリンターのメーカーStratasysのコラボレーションは、誰もがよく知ってるものを作ろうとしている。

最近GoogleのOpen Heritage Projectに新たに加わったのは、Google Arts and CultureがStratsysの多色プロトタイピングマシンJ750 3Dを使って作った古代遺跡や歴史的建造物の模型だ。その目的は、博物館に行く人や研究者たちに貴重な史跡へのアクセスを与えると同時に、それらを時間の猛威(経年変化)から護ることだ。

Google DesignのテクノロジストBryan Allenが、発表声明の中でこう述べている: “プロジェクトの目的はこれらの文化的遺物を物理的に再現して、博物館に来る人や研究者たちに本物を見る感動と感激を与えることだ。そのために、3Dプリントを使った。3Dプリントも今ではいろんな素材を使えるから、色や質感を本物に近づけ、また細部まで頑丈に作れる”。

チームは3Dスキャナーを使ってオブジェクトや古代遺跡の3Dデザインを作っている。それらはファイルとしてアクセスでき、手元の3Dプリンターでプリントすることもできる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa