TOGO
Lisa Technologies

持ち帰りコーヒー予約・決済アプリ「TOGO」のサービスエリアが都内で拡大

次の記事

Non Brokersが住宅診断のマッチングサイト「インスペマート」をリリース

名古屋を拠点とするLisa Technologiesは、同社が提供しているスマートフォン向けテイクアウトコーヒー事前予約決済アプリ「TOGO」のエリア拡大を発表した。これまで東京・渋谷区のみだったが、新宿区、港区、目黒区、千代田区に範囲を広げる。同社は2017年8月設立の企業。

同アプリは、テイクアウトコーヒーの注文と決済に特化。アプリにユーザーとクレジットカードの情報を登録しておけば、店舗とメニュー、受け取り時間をを選ぶだけでオーダーが完了する。あとは店舗に取りに行くだけ。現地での金銭のやり取りがないので、通勤時や退社前に最寄りのカフェでオーダーしておき、会社に着く前や電車に乗る前にコーヒーをピックアップできる。対応するクレジットカードブランドは、VISAとMasterCard。

アプリでは現在地に近いカフェを自動で検出してくれるほか、店舗によっては割引クーポンなども発行される。対応する店舗は大手コーヒーチェーンではなく、個人もしくは小規模なチェーンが多い。お気に入りのカフェがTOGOで利用できるなら試してみよう。

【関連記事】
東京・大手町の上島珈琲店が現金不可に
おつり投資アプリ「トラノコ」がセブン銀行から20億円を調達
信用スコアを飲食店で活用、テーブルチェックの独自機能
JR東日本グループ運営9店舗でモバイルオーダーが利用可能に
スマホ決済のPayPayが3月末からローソンで使える