Apple、Googleの証明書乱用を受け社内iOSアプリを使用禁止に

次の記事

Foxconnは190億ドル分の工場建設を中止、競争力と長期的投資のバランスは?

Appleは、Googleが社内向けiOSアプリを企業ネットワーク上で配布することを禁止した。TechCrunchの調査によって検索の巨人による認証乱用が発覚したためだ。

「現在Appleと協力して一部の社内iOSアプリの一時的中断を修正中であり、まもなく解決する見込みだ」とGoogle広報は言った。Appleの広報担当者は次のように語った、「現在われわれはGoogleが企業向け証明書を一刻も早く回復できるよう協力して作業している」。

TechCrunchは1月30日の記事で、Googleがスタッフ向け社内アプリを開発するためにAppleから発行された証明書を、Screenwise Meterという消費者向けアプリに使用してAppleの規約に違反していることを報じた。そのアプリは、ユーザーのiPhoneから大量のデータを調査目的で収集するために作られていたが、特別な証明書を使うことで、GoogleはユーザーがAppleのApp Storeを回避することを可能にしていた。その後Googleは謝罪し、そのアプリは「Appleのデベロッパー・エンタープライズ・プログラムの下で運用されるべきではなかった。これは間違いだった」と語った。

本件は、今週本誌が報じたFacebookも調査アプリで社内専用証明書を乱用していた(若者に金を払ってウェブ利用状況を吸い上げていた)案件に続くものだ。

これがGoogleにどれほどのダメージを与えるのか現時点では明らかになっていない。Screenwise MeterがiPhoneで使えなくなるだけでなく、検索の巨人が証明書に頼っているあらゆるアプリに影響を及ぼすことを意味している。

The Vergeによると、多くのGoogle社内アプリも動作を停止している。これは、Googleマップ、Hangouts、Gmailなど消費者向けアプリの初期あるいはプレリリース版や、通勤アプリなどの社員専用アプリも動作しなくなるということだ。

FacebookもAppleの介入後に同様の非難を浴びた。本誌は、Appleの中止命令が下された後、FacebookとInstagramアプリの未公開版やテスト専用版の多くが動作しなくなったことを報じた。その他のオフィス・コラボレーション、トラベル、社員食堂メニューなどの社員専用アプリも同様だった。消費者がAppleのApp Storeからダウンロードしたアプリが影響を受けることはない。

Facebookには3万5000人以上、Googleには9万4000人以上の社員がいる。

Appleが新たな「社内専用証明書」をいつ(果たして?)発行するのかは不明だが、新たに、より厳格なルールが付加されることはまず間違いない。

Google will stop peddling a data collector through Apple’s back door

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook