任天堂が日本で初めての直営店を今秋渋谷パルコにオープン

次の記事

Amazonのただでさえ透明でない透明性レポートがいっそう不透明になった

14年前にニューヨークに最初のストアを開いたNintendoがついに、日本に直営店をオープンする。そのお店Nintendo TOKYOの場所はShibuya Parco(渋谷パルコ)、パルコファッションビルチェーンの旗艦店で、そのNintendoのストアなどと共に今秋、新装開店する。

発表声明でNintendoは曰く、“国内における任天堂の情報発信の新たな拠点として、幅広い層のお客様にお楽しみいただける場にするよう、準備をすすめています”。お店ではゲームやゲーム機、アミーボのようなアクセサリ、その他のNintendoブランドの商品などが買えるだけでなく、ゲームをプレーするキオスクもあり、いろんなイベントも開催する。ロックフェラーセンターにあるニューヨーク店のようにやるのなら、ゲームのトーナメントやデモ、新しいゲームの発表会なども行われるのだろう。

Nintendoの第三四半期(2018/10-12)は売上が大きく成長したが、今会計年度におけるSwitchの売上予測は下方修正した。売上は回復するだろうが、そのためには、日本の経済紙Nikkeiが報じたように、もっと小さくて安いバージョンも揃える必要があるのではないか。

日本語記事

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

【関連記事】
残念ながら任天堂のマリオ・カートのモバイル版リリースは夏に延期
任天堂とLINEがゲーム事業で協業「Dr. Mario World」開発へ
メトロイドプライム4の開発が脱線転落で任天堂はゼロからやり直す
任天堂が全米の小学校にNintendo Laboキット配布へ
任天堂が個人のゲーム実況動画と収益化を解禁