MUJA
HandScape

スマホに装着するゲームコントローラー「MUJA」がindiegogoに登場

次の記事

大学発、量子コンピュータ用ソフト開発のJijがANRIから資金調達

中国のスタートアップHandScapeは米国時間1月30日、スマホの背面に装着するゲームコントローラー「MUJA」のクラウドファンディングをindiegogoで開始した。期間は1ヵ月。発送は4月を予定している。

MUJAの背面には4つのボタンが搭載。操作は合計で6本の指で行う。前面は親指2本、背面は人差し指2本と中指2本で操作する。

物理コントローラーにスマホを接続するのとちがい、MUJAはスマホに吸盤でくっつけるだけなので、気軽だし持ち運びにも便利そうだ。

若干疑問ではあるが、HandScapeいわく吸盤によって貼り付けるので廃熱処理に問題はない。また、同社いわく、数千回付け外しをしても吸着性に問題は生じず、充電をしながらでも問題はないとのこと。

同デバイスはiOSとAndroidどちらにも対応。接続はBluetooth4.2で行う。450mAhのバッテリー搭載で、連続使用は36時間、スタンバイのみでは56時間。充電は3時間で完了する。

価格は99ドルのところ、200個限定のSUPER EARLY BIRDで価格で49ドル、300個限定のEARLY BIRDで59ドルで購入が可能。技適に関しては確認中だ。

【関連記事】
BioWare期待のゲーム「Anthem」はプレイヤー集中でサーバーダウン
AR謎解きゲーム「サラと謎のハッカークラブ」第2弾が開催決定!
無料プレイゲームがエンターテイメント世界を支配、今やその売上は880億ドル
ブロックチェーン・ゲーム盛況、Mythical Gamesが600万ドル調達
AWSからゲーム開発者向けサービス「Lumberyard」と「GameLift」