Twitterのバグで、タイムラインに一見ランダムなリツイートが表示される

次の記事

アプリで手軽に英語4技能レッスン、子ども向けオンライン英会話の「GLOBAL CROWN」に新機能

数多くのTwitterユーザーが、フォローしていないユーザーのリツイートがタイムラインに表示されると苦情を訴えている。幸いこの問題は、一部の人が恐れていたTwitterの新しいアルゴリズムや推奨システムに関係するものではなかった。実際には、Androidユーザーに起きたバグがリツイートの「ソーシャルプルーフ」タグを誤って付加したためだたっ。

そのタグは、ユーザーが既にフォロー〈している〉人のうち誰がその投稿をリツイートしたかを知らせるものだ。

同社によると、ソーシャルプルーフタグが誤っていたために、Androidユーザーは見知らぬ人がリツイートしたかと思われるツイートを見ることになった。

Above: some example complaints

Twitterによると、表示されたリツイートは、実際にはユーザーが〈知っている人〉のツイートだったが、ソーシャルプルーフタグが誤っていたために、そうではないように見えた。エンジニアらは問題を認識し現在修正作業をしている。このバグは数日間生きていたこともTwitterは認めた。

同社の@TwitterSupportアカウントは、この問題に関する質問にまだ返信していないため、一部のユーザーを混乱させている可能性がある。

そもそもTwitterは、余分かと思われる情報をタイムラインに流すことで知られている。たとえば、自分をフォローしているユーザーの多くが別のTwitterユーザーをフォローしたことを知らせる投稿とか、何人かが同じリンクをシェアしていることを知らせる投稿などだ。しかし、その場合でもネットワーク内の行動であり、メインフィードにランダムなリツイートが流れるようなことはない。

バグが修正されるまでの間、ランダムなリツイートかのようなコンテンツが表示されるのを見たくない人は、ツイートの右の下向き矢印をタップして、この種のコンテンツを減らしてほしい旨をTwitterに伝えることができる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

【関連記事】
Twitterがスレッド開始者を特定するためのタグ「Original Tweeter」をテスト中
Twitterの月間アクティブユーザー数は日本で4500万超
Twitterの新機能がiPhone vs Android戦争を再燃させている
Twitterモバイルアプリに「データセーバー」モードを追加
Twitter投稿の画像から指令を受けるマルウェア発見