PayPay100億円祭りは2月12日朝9時開始、最大20%還元は変わらず

次の記事

大人気オープンワールドRPG「Fallout 4」の邦訳アート集が2月8日に発売

QRコード決済サービスを提供するPayPayは2月4日、2月12日から新たな100億円還元キャンペーンを実施することを発表した。支払額から最大20%還元されるほか、抽選で最大1000円相当のキャッシュバックが受けられる。

ただし前回とは還元額の付与条件が異なるので注意。支払い手段がPayPay残高(銀行接続)の場合は20%、Yahoo!カードの場合は19%、そのほかのクレジットカードの場合は10%となる。還元上限額の5万円は変わらないが、1回ごとの上限は1000円。

また、前回好評だった抽選での全額キャッシュバックは廃止され、新しく「やたら当たるくじ」を開始。PayPay残高もしくはYahoo!カード支払い時に10回に1回の確率で、Yahoo!プレミアム会員の場合は5回に1回の確率で1000円相当がPayPay残高にキャッシュバックされる。こちらの上限は2万円となる。

同社は1月21日から、本人認証サービス(3Dセキュア)に対応。これにより、事前にクレジットカード会社に登録した「パスワード」などを入力することで本人認証を行い、不正利用やなりすましを防げる。

なお、2月4日より上限金額が変更され、本人認証後であっても過去24時間で2万円かつ過去30日間で5万円となる。ただし、利用状況により、特定の条件を満たしたユーザーは上限金額を過去30日間で25万円まで引き上げられる。引き上げ対象になった場合は、アプリ上で確認できるとのこと。

一方、本人認証サービスを済ませていないクレジットカードの場合は、上限金額が過去30日間で5000円となる。

また2月1日には、不動産賃貸のエイブルへのPayPay導入を発表。PayPay経由のクレジットカード決済の場合はすべての費目に、PayPay残高支払いの場合は仲介手数料およびエイブルの提供するサービスに利用できる。さらに、3月末からローソンでもPayPayが使えるようになる。

【2019.02.04 13:25追記】
今回のキャンペーンは1回の上限が1000円なので、残念ながら家電や旅行商品などでの高額還元は受けられない。PayPay代表取締役社長執行役員/CEOである中山一郎氏は当日開催された会見で新キャンペーンについて、「日常的な利用を促進したい。長い期間、日常的にご利用いただきたい」とコメントした。

【2019.02.04 20:20訂正】クレジットカードの本人認証後と本人認証前で利用できる上限金額に誤りがありました。2月4日からは金額が変更されています。お詫びして訂正いたします。

【関連記事】
スマホ決済のPayPayが3月末からローソンで使える
100億円祭り再び!?「PayPay」が本人認証サービスに対応
PayPayが3Dセキュア対応、不正利用を補償
スマホ決済のPayPayがYahoo! JAPANアプリから利用可能に
PayPayが考えるキャッシュレス決済浸透のロードマップ