Amazonの2018年の買収は総額16.5億ドル、そのトップはPillPackとRing

次の記事

画像解析で降雪量や路面状態を自動判別、Specteeが日本気象協会と共同開発へ

このほどAmazonがSECに提出した10-Kファイル(年次報告書)は、同社が昨年行った昨年で最大の二つのM&Aのお値段を明かしている。それによると同社は、Ringにキャッシュで約8億3900万ドルを払い、PillPackに7億5300万ドル、そのほかの買収の合計で5700万ドルを払っている。

GeekWireが、そのファイルを最初に見つけて記事にした。

Amazonは昨年の早い時期に、同社のスマートホーム事業を支えるためにRingを買っている。それは2017年のBlinkの買収の直後だ。当時Ringの買収価額は、10億ドル以上とも報じられている。一方PillPackの買収は昨年の夏に行われ、“10億ドル弱”と報じられた。

今回のSEC提出書類では、買収価額は“取得された正味のキャッシュ”、とされている。つまりその取引の時点において買収された企業が帳簿に記載していた現金と負債を勘案した金額だ。報じられた額(10億前後)より低いのは、そのためである。

Amazonは2018年に行ったそのほかの買収の個別の価額を明かしていないが、買収の目的について次のように言っている: “Amazonが顧客により効果的に奉仕できるための技術とノウハウの入手”。でもそれらの一部はばれており、たとえばインドのTapzoの買収や、サイバーセキュリティ企業Sqrrlの買収は、いずれも4000万ドルと報じられている。

2018年の総額16億5000万ドルは、Amazonでは二番目に買収額が大きかった年だ。最大はその前の2017年、Whole Foodsを130億ドルあまりで買った年だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

【関連記事】
Amazon傘下のRingはドアホンのパスワード変更後もビデオがアクセス可能だった
Ring Floodlight Camは投光機付き防犯カメラのスラムダンクだ
Amazon、オンライン薬局のPillPackを10億ドル以下で買収
Amazon AWSがSqrrlを買収してセキュリティの脅威検出能力を強化
Amazonが高級スーパーWhole Foodsを137億ドルで買収へ