KDDIなどが一般公道で5G活用した複数台の遠隔監視型自動運転の実証実験へ

次の記事

Instagramのアカウント・リンクはFacebook Loginの後継になるのか?

アイサンテクノロジー、KDDI、KDDI総合研究所、損保ジャパン日本興亜、ティアフォー、岡谷鋼機、名古屋大学は2月9日、愛知県一宮市で、愛知県による「平成30年度自動運転実証推進事業」における自動運転の実証実験を実施する。

同実験では国内で初めて一般公道において5Gを活用した複数車両の遠隔監視型自動運転を行う計画だ。

実験で使用する2台の自動運転車のうち、1台に5Gを搭載。運転席を無人の状態としたうえで自動走行を行う。自動走行を行うにあたり、遠隔にいる1名の運転手が2台を同時に監視し、緊急時には制御を行う。

同実験における各社の主な役割は以下の通りだ。

  • KDDI:5G自動運転車の開発・提供、4G LTE通信ネットワークの提供および5Gエリアの構築・評価、車載通信機および遠隔管制卓とクラウドシステムをつなぐ通信システムの提供
  • KDDI総合研究所:5G自動運転車の開発・提供、5Gを活用した遠隔自動運転実現のためのシステム設計の検討と実装のサポート
  • アイサンテクノロジー:高精度3Dマップ更新・作成、アプリケーション作成、自動運転の実証、報告書作成
  • ティアフォー:自動運転ソフトウェア「Autoware」の提供、自動運転に係る技術支援と助言
  • 損保ジャパン日本興亜:自動運転に係るリスクアセスメント、自動運転専用保険・サービスの開発検討
  • 岡谷鋼機:自動運転事業の実用化検証支援
  • 名古屋大学:モニター調査および取り纏め

KDDIは「将来の移動手段を確保するために自動運転技術や5GといったICTの利活用が注目されています。自動運転の高度化により、買い物難民やバス・タクシー運転手不足に対する市民の移動手段としての活用や観光促進や車産業振興にもつながることが期待されます」とコメントしている。

【関連記事】
KDDIなどが五島をマグロ養殖基地化するIoTシステムの実証実験に成功
KDDIとエブリーがライブコマースアプリ「CHECK」公開
漁獲量を予測する「スマートブイ」をKDDIが実証実験
KDDIと楽天が決済や物流面でタッグ、2019年には「au PAY」
遠隔地のロボを分身に、TelexistenceがKDDI系ファンドなどから十数億円調達