天気
日本気象協会

画像解析で降雪量や路面状態を自動判別、Specteeが日本気象協会と共同開発へ

次の記事

KDDIら、一般公道で5G活用した複数台の遠隔監視型自動運転の実証実験へ

報道機関など向けの速報サービス「Spectee」を提供するスペクティは、日本気象協会と共同で、冬季の防災情報をリアルタイムに提供するサービスを開発する。同社はこの防災情報を、道路管理者や自治体などに提供していく予定だ。

TechCrunch Tokyo卒業生でもあるスペクティ(当時の社名はNewsdeck)は、これまでSNS上にアップロードされた事故や災害の画像、動画、テキストをAIが自動収集し、報道機関向けにいち早く配信するサービスを提供してきた。SNS上に映された画像が焚き火なのか、それとも火事なのかをも判別可能なほど精度の高い画像解析技術が同社の強みだ。

そのスペクティが日本気象協会と共同開発する本サービスでは、気象カメラの画像や映像をAIで解析し、「降っているのは雨なのか、それとも雪なのか」、「どれくらい雪が積もっていて、視界はどれくらい悪いのか」などを判別。それらの情報を道路管理者などにリアルタイムで提供する。これまで、降雪量や路面状態を判断するためには、人の目で確認するか、高額な計測機器が必要だった。画像解析からこれらの情報が入手できれば、大幅なコストダウンやリアルタイム性の向上が期待できる。

共同開発の背景について、Specteeは「冬季の防災情報に対する計測機器は高額であったり、技術的に開発途上であったりして、これまで人の目に頼る部分が多いのが実情。また自動運転の将来的な実運用が始まることを考えると、道路の雪氷管理の重要性が増し、路面状態の詳細な把握が欠かせなくなると考える」とプレスリリースの中でコメントしている。

今回の共同開発ではまず、日本気象協会がもつ大量の画像データ、そしてそれに関連する気象データを利用して、画像・映像からの冬季の防災情報の取得に注力する。AIによる解析によって、雨雪判別、降雪量、積雪量、路面状態、地吹雪の発生判別、視程、歩道の滑りやすさを自動で判断する技術の確立を目指す。また、将来的にはその情報をリアルタイムで提供するだけでなく、各地のデータをリアルタイムで解析することで、他の地域における降雪量の予測などへの応用にも期待できるという。

スペクティ代表取締役の村上建治郎氏は、「気象衛星などは上空の気象状態を知るのには役立ちますが、地上の人々がいる場所の体感温度や詳細な状態は意外と分からない。そう言った意味で今回の共同開発はこれまでにない新しい取り組みになります」とコメントした。

【関連記事】
Twitterなどの動画をAIで収集・配信するSpecteeがAP通信社と提携
その炎は「火事」か「焚き火」か、SNS上のニュースをいち早く報道機関に提供するSpectee
SpecteeがAIアナウンサー「荒木ゆい」が正式サービスイン
AIがSNSから現場の映像を収集する「Newsdeck」にフジテレビが出資
TechCrunch Tokyo 2016「スタートアップバトル」登場チームはこの20社