LGBTQ
lgbt

LGBT就職支援のJobRainbowが3月にサイト改修、先行体験ユーザーを募集中

次の記事

置き配バッグで再配達を約60%削減——「OKIPPA」が日本郵便との実証実験結果を発表

JobRainbowは2月5日、3月に控える大幅なサイト・サービス改良に向けて、先行してそのUIなどを利用できる体験版ユーザーの募集を開始した。

同社は、LGBTの就職を支援する求人サービスや関連情報を提供する、2016年1月設立のスタートアップ。2018年11月にTechCrunch Japanが開催したTechCrunch Tokyo 2018のスタートアップバトルで、応募100社超の中から選ばれたファイナリスト20社中の1社。そして、最優秀賞を決めるファイナルラウンドの6社に残った企業だ。

JobRainbowの星 真梨子COO

3月のJobRainbowサイトの改修により、LGBT求人サイトである「ichoose」と、企業情報やLGBTQ+に関連したコラムなどを掲載するメディア「JobRainbow for LGBTQ+」が統合される。同社によると、企業とLGBTユーザーが出会える機能と、企業情報やLGBTコラムを読める機能を単一プラットフォーム上で実現するとしている。

体験版に興味のあるユーザーはJobRainbowのサイトの応募フォームにメールアドレスを登録後、「どこで体験版の存在を知りましたか?」「なぜ体験版に参加申し込みをしてくれましたか?」という回答必須の2項目を含む、計7項目のアンケートに答えれば応募が完了する。その後、応募者の中から体験版ユーザーが選ばれる流れだ。サイトの都合上、応募者全員に体験版のサービスを案内する確約はできないとのこと。

【関連サイト】
LGBTが自分らしく働ける社会の創造を目指すJobRainbowが5000万円調達
起業家のスマホの中身:いま使われているアプリはSlack、Eight、FiNC
TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトル、グループC出場企業を発表
Apple、Salesforce、PayPalがウェディングケーキ裁判でLGBT支持を表明
ホワイトハウスのウェブサイトからLGBTの人権ページが消えた