Flickrは写真の削除を3月12日までに延期

次の記事

Spotify、月間ユーザー29%増の2.07億人もQ4売上17億ドルは予測に届かず

Flickrのユーザーはすでにご存知と思うが、無料の1テラバイトのプランはなくなる。今後無料のユーザーは、写真を最大1000点しか保存できない。それを超えると、古い方から消されていく。

その期限は昨日(米国時間2/5)のはずだったが、土壇場まで諸般の問題が残り、少し延期された。

Flickrはこう声明している:

会員からのフィードバックと、昨日写真のダウンロード時に一部の会員が経験した問題により、削除の期限を2019年3月12日まで延期する。

これによって、あと1か月あまりはまだダウンロードできることになったが、でも上のメッセージのようにダウンロードに多少の問題があるのなら、早めにトライした方がよいだろう。やり方が分からない人は、この記事を見て。

(情報開示: FlickrはOathがオーナーだった。Oathは本誌TechCrunchのオーナーでもある。Flickrは昨年4月に、SmugMugに買収された。)

画像クレジット: TechCrunch

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

【関連記事】
Flickrのバックアップを急げ!今日から1000枚+の写真削除開始
Flickrの新しいビジネスモデルでCreative Commonsの作品は消されるのか
Verizon/Oath傘下だったFlickrをSmugMugが買収
Flickrが写真ライセンスプログラムMarketplaceの終了を発表
SmugMugが写真とビデオの自動リサイズとHDビデオのサポート開始