インシュリン
糖尿病
マサチューセッツ工科大学

MITがインスリン内服カプセルの実験に成功、糖尿病患者の福音を目指す

次の記事

GoogleはコンフィデンシャルコンピューティングのフレームワークAsyloに注力

2型糖尿病でインスリン投与を必要とする患者は現在のところ注射に頼るほかない。内服可能なインスリンカプセルは糖尿病医療における聖杯だった。この点でMIT(マサチューセッツ工科大学)の研究グループが重要な一歩を進めたようだ。これは乾燥インスリンを詰めたブルーベリーの実サイズのカプセルだ。

患者がカプセルを飲み込むと、水分で砂糖の円盤が溶け、フリーズドライされた針状のインスリンがスプリグで射出される。針は胃壁に刺さるが、胃の粘膜には痛点がないため、患者が痛みを感じることはない。その後、インスリンの針は溶けて吸収される。

重要なのはカプセルが飲み込まれた後、胃の中で正しい姿勢を保つ点だ。実はこのカプセルの形状はカメの甲羅にヒントを得たのだという。MITのブログによれば、こうだ。

自動的に胃壁に正対するカプセル形状はヒョウモンガメの甲の形状からからヒントを得た。このカメはアフリカに生息し、甲は急傾斜のドーム型をしているため、ひっくり返されても起き上がることができる。胃の中のような複雑な状況でもカプセルが正しい姿勢を取れるよう研究グループはコンピューター・モデリングによってこの形状を研究した。

現在研究グループは豚でテストを繰り返し、 3ミリグラムのインシュリンの投与に成功している。処方箋を得て薬局で購入可能になるまでどのくらいかかるかについてはまだ情報がない。

画像:Felice Frankel

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

【関連記事】
Spikeは糖尿病患者をソーシャルに見守るアプリ
Apple Watchは糖尿病を85%の精度で検出可能
糖尿病プラットフォームのmySugrがRocheに最大1億ドルで買収
糖尿病患者の血糖測定器とスマホをつなぐHealth2Syn
糖尿病患者の健康状態を常時チェックして警報をスマホに送るSiren Care