iOS 12.1.4 にアップデートすればグループFaceTimeがまた使えるようになる

次の記事

AppleがGroup FaceTimeの盗聴バグを見つけたティーンエイジャーにごほうび

あのFaceTimeのたちの悪いバグが過去のものになる。アップデートをダウンロードすればiPhoneとiPadでグループFaceTimeがまた使えるようになる。iOS 12.1.4はバグ修正リリースで、ほかに新規機能は入っていない。

偽のグループFaceTime通話をスタートすると他人のマイクロフォンとカメラで盗聴・盗撮できることが発覚してまもなく、AppleはグループFaceTimeそのものを無効化した。 iOS 12.1.3以前を使っている人は、自分を含む4人以上のFaceTime通話を開始できない。

これまでAppleは、悪質なバグのないグループFaceTimeを再び有効化するための修正に努めてきた。そのアップデートが公開された。

「われわれはAppleのサーバー上のグループFaceTimeのセキュリティーバグを修正した。来週、ユーザーが再びこの機能を利用できるようにするためのソフトウェアアップデートを発行する」と先週の声明でAppleは言った。「影響を受けたお客様、このセキュリティー問題を心配されたお客様には、深くお詫びいたします。修正が完了するまでお待ちいただいたことに感謝いたします」。

まずiPhoneやiPadをiCloudまたはiTunesを使ってバックアップすること。そのあと設定アプリを開いて「一般」>「ソフトウェアアップデート」に進み、アップデートをダウンロードしてインストールする。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

【関連記事】
AppleがグループFaceTimeの盗聴バグを見つけたティーンエイジャーにごほうび
AppleはFaceTimeの盗聴バグを修復している間グループ通話機能を無効化
FaceTimeのバグでマイクロフォンとカメラを誰でも盗聴盗視可能に
iOS 12.1がやってくる。グループFaceTimeとカメラの改善
FaceTime通話時のカメラ切り替えが前のようにワンタップで可能に