検閲
政府

ロシアはインターネットの遮断スイッチをテストへ

次の記事

Draper NexusがDNX Venturesへ名称変更、250億円規模の3号ファンド設立へ

サイバー防衛の方策の1つとして、ロシア政府は、世界のウェブから国を実質的に遮断するような措置を試行する予定だと伝えられている。

昨年、ロシアはDigital Economy National Program(デジタル経済国家プログラム)を導入した。これは、世界規模のインターネットから国ごと切り離した場合でも、ロシア国内のインターネットプロバイダが機能できるようにするための計画だ。この計画では、ロシアのISPは、ウェブのトラフィックを国内のルーティングポイントにリダイレクトし、ドメインネームシステム(DNS)、つまりグローバルなインターネットを支えているドメイン名とアドレスの一覧表を、独自のコピーに切り替える

このテストは、いくつかの理由で有用だろう。ロシアは、国家安全保障に対してある種のサイバー脅威が発生した場合に、取るべき抜本的な措置をシミュレートすることを第1の目的としている。しかし、個人と報道の自由が制限されていることで悪名高い国にとって、このテストは、自国の人々を管理し、外国の影響力から守るために、より密接に管理されたインターネットを、どのように利用できるかを検討するためにも有効な方法だろう。

この極端な措置は、もし成功すれば、ロシアが国家によって管理された独自のインターネットを効果的に運営し、それが適切だと判断した場合には、いつでも世界から切り離すことができるようになる。この試験が実施される日時はまだ分かっていないが、今年の4月1日以前であろうとは予想されている。それは、国会議員がDigital Economy National Programの改定案を提出する期限だからだ。

画像クレジット:MLADEN ANTONOV/AFP/Getty Images/Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

【関連記事】
Facebookがロシア関連の512フェイクアカウントを削除
ロシアの長年にわたるオンラインキャンペーンの影響
広告業界インサイダーのグループが広告賞にロシア疑惑を推薦
Facebookがロシアの「荒らし」コンテンツを公開
下院民主党がロシア発のFacebook広告3500点以上を公表