投資利益率最高のモバイル広告はやっぱりFacebookとGoogle

次の記事

Samsungは来週のイベントで折りたたみ式フォーンを詳しく見せてくれるようだ

マーケティングを専門とするスタートアップ、Singularのレポートによれば、ROI(投資利益率) がもっとも高いモバイル広告システムはFacebookとGoogleだという。つまりこの2つの広告サービスが広告主にとっていちばん価値が高い。

Singularは年間で100億ドル相当の広告支出を最適化しているが、そこから15億ドルの広告支出をサンプリングしてROIインデックスを求めたという。同社は広告詐欺にも留意しており、「詐欺広告を過度に含む」として15社の広告サービスをランキングから除外した。

というわけで、FacebookつづいてGoogleが1位、2位だった。レポートは「適切なマーケティング努力を払っている企業は3つ以上の広告サービスを利用しているが、ほとんどの企業が広告パートナーとしてGoogleとFacebookを含めている。 その理由は簡単だ。この2社は結果を出すからだ」と述べている。

Singular ROI Index 2019 — iOS-Android

同時にSingularは「Snapがほぼすべての項目でランキングをアップしている。今やiOSとAndroidの双方でゲームを除くモバイル広告ネットワークの第3位となっている」と述べた。またTwitterも健闘しており、ユーザーの維持、復帰促進のためのリテンション広告ではiOSの2位にランクされている。

iOSとAndroidを比較すると、Androidのほうがリストの変動が大きい。。Androidの場合、ROIリストの広告ネットワークの3分の1が初登場であり、既存の10ネットワークのうち8社もランキングが変化した。これに対してiOSの場合、73%が順位を変えているが、そのうち初登場は2社だけだった。

レポート全文はこちらからダウンロードできる

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

【関連記事】
Facebookが「誰」が自分の個人情報をアップロードしたかを公開へ
Instagramは禁止したはずのフォロワー販売サービスの広告をいまだ掲載
Facebookが「広告アーカイブレポート」で政治広告費ランキングを公表
Googleが広告詐欺に使われる3つの悪質なSDKをデベロッパーに警告
アドテック企業のVungleのランレートが3億ドルに到達