米国成人の16%がスマートウォッチを持っている

次の記事

独自デバイス活用し「尿検査で高精度のがん診断」実現へ、日本発のIcariaが資金調達

NPDの最新記事によると、ここ米国ではスマートウォッチが好調な売れ行きを続けている。このカテゴリーは全体的に下降気味のウェアラブル分野の中で唯一明るい材料であり、今回発表されたデータはさまざまな層で広く受け入れられていることを示している。12月時点の米国成人のスマートウォッチ所有率は16%で、一年前の12%から伸びている。

成長を支えているのはやはり若年層で、18~34歳のスマートウォッチ保有率は23%に上る。もちろんAppleを始めとする各メーカーは高齢世代での売上増を狙っていて、昨年登場した心電計などの本格的医療健康機能に期待を寄せている。

市場をリードしているのは依然としてApple、Samsung、Fitbitの3社で、昨年11月時点で全売上50億ドルのうち88%を占めた。しかし、Fossil、Garminらもある程度の市場シェアを獲得している。もちろんGoogleもこの分野での躍進を目指してFossil IPを最近買収した。Wear OSの伸びはほぼ横ばいだが、2019年に噂のPixel Watchが登場すればそれも変わるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

【関連記事】
Appleが高齢者医療保険によるApple Watchの助成を検討中
スマートウォッチ開発のヴェルトがシチズンと資本業務提携
Alphabet傘下起業の心電図モニタをFDAが認可、Googleスマートウォッチにも応用か?
Googleがフォッシルのスマートウォッチ技術を4000万ドルで入手
新しいWear OSがスマートウォッチへの展開を開始