Ubisoft、AIバグ発見ツール、Clever-Commitの開発でMozillaと提携

次の記事

アバター×ゲーム実況で世界へ挑むミラティブが35億円を調達

今日(米国時間2/12)、カナダの有力ゲーム・デベロッパー、UbisoftはClever-Commitの開発に関してMozillaと提携したことを発表した。

このツールはAIを利用したスマート・アシスタントで、ユーザーが新しいコードをコミットする際に過去のバグやリグレッションテストのデータからバグの可能性がある部分を発見して警告する。Ubisoftはこのツールをすでに社内で利用している。MozillaはFirefoxをアップデートする際にClever-Commitをバグの発見に役立てるとしている。

Mozillaといえばオープンソースと考える読者も多いだろうが、Clever-Commitはオープンソースではない。Ubisoftの広報担当者は私の取材に対して、「その点が検討されたのは事実だが、今のところClever-Commitがオープンソース化される予定はない」と答えた。 なるほどMozillaは各種の有料ツールを使ってオープンソースソフトウェアを開発している。しかしオープンソースではないツールを開発するのをMozillaが助けるというやや奇異に感じられる(ともあれClever-Commitはまだベータ段階で一般公開はされていない)。

去年、UbisoftはこのツールをCommit-Assistantという名前でデモした。Mozillaは「Ubisoftと協力し、われわれはRust、C++、JavaScriptによるプログラミング、 C++コードの解析、バグ・トラッキングに関するノウハウを提供していく」と述べた。 Mozillaはこのツールをまずコード・レビューの段階で利用し、有効性が確認できれば他の段階にも利用を広げていくといいう。Mozillaではアップデートの配信の前にClever-Commitを利用することで5つのバグのうち3ないし4を発見できるものと期待している。

今日、MozillaにおけるFirefoxのリリース担当マネージャー、Sylvestre Ledruは、 「われわれは6週間から8週間ごとにFirefoxのコードのアップデートを行っている。良好なユーザー体験を確保するためにFirefoxの開発チームはコードを書きテストを行う際にClever-Commitを利用することで公開に先立ってバグのないクリーンな状態を確保することができると期待している。当面まず完成したコードのレビューのプロセスで利用を始めるが、有用であればさらに他のプロセスの自動化にも利用していく」と述べている。

原文へ

滑川海彦@Facebook Google+