whooop!
東大創業者の会応援ファンド

東大OBの上場起業家が後輩を支援する応援ファンド、1号案件は電子トレカの「whooop!」

次の記事

Y Combinatorの最新スタートアップバッチは、多すぎて1つのDemo Dayステージには載りきらない

写真左から2番目がventus代表取締役CEOの小林泰氏、中央が取締役COOの梅澤優太氏。2人とも現役の東大生だ

東大出身の起業家をより多く誕生させたいーー。そんな背景から2018年11月に設立された「東大創業者の会応援ファンド」。東大OBの先輩起業家と後輩スタートアップをつなぐ同ファンドの1号案件が明らかになった。

電子トレカサービス「whooop!」を展開するventusは2月14日、東大創業者の会応援ファンドを引受先とした第三者割当増資を実施したことを明かしている。増資は2019年1月に行ったもので、調達額は500万円。ventusにとっては2018年5月以来の第三者割当増資による資金調達だ。

東大創業者の会応援ファンドでは東大出身者(在学/中退/卒業)が起業した設立5年以内のスタートアップを対象に、原則として一律500万円を出資する。何と言っても最大の特徴は「東大OBの上場起業家から事業支援を受けられる」点だ。

中心となる先輩起業家は以下のメンバー。出資金額だけを見ると少額だが、時価総額ベースで合計7000億円を生み出した先輩たちの手厚いアドバイスとネットワークはかなり希少価値が高いと言えるだろう。

  • ユーグレナ代表取締役社長 出雲充氏
  • ホットリンク代表取締役社長 内山幸樹氏
  • ミクシィ取締役会長執行役員 笠原健治氏
  • エルテス代表取締役 菅原貴弘氏
  • Gunosy取締役ファウンダー 福島良則氏
  • マネックスグループ取締役会長 松本大氏
  • スター・マイカ代表取締役社長 水永政志氏
  • エボラブルアジア代表取締役社長 吉村英毅氏

もともと2010年に東大出身で株式上場を果たした有志数名を中心に東大創業者の会がスタート。それ以降は上場を目指す同大出身の若手起業家も集まるようになり、現在は上場経験者10名以上、上場準備中の起業家も含めると20名規模のコミュニティが形成されているという。

東大創業者の会応援ファンドは後輩起業家を支援したいという想いを形にするべく、大学発ベンチャーへ出資を行っているAngel Bridgeと共同で設立したファンド。現在のファンド規模は1.3億円(今後増額予定)で、これから数年間で東大出身の後輩起業家が運営する創業期のスタートアップ20〜30社に出資をしていく計画だ。

今回同ファンドから出資を受けたventusは、電子トレカを通じてスポーツチームやアスリートとそのファンをつなぐ「whooop!」を2018年10月に正式公開。現在国内外の約50チームに導入されている。

同社では調達した資金や先輩からのサポートを基に組織体制の強化や事業の拡大を目指す。2019年4月を目処に「whooop!」の大型アップデートも計画中とのことだ。

【関連記事】
東大宇宙系スタートアップが衛星による毎日全地球観測インフラの実現へ
オフィス版「SUUMO」やハイテク義足など、東大IPC起業支援プログラム
東大発の無線通信技術でIoTの足かせなくす
オイシックス、東大生率いる食のスタートアップ「ふらりーと」を子会社化
東大発医療AIスタートアップが途上国医療に新しい仕組み提供へ