血液検査
Sight Diagnostics

血液検査を数分に短縮するバイオテックAIスタートアップSight Diagnosticsが278万ドルを獲得

次の記事

Amazon、電気自動車Rivianの資金調達7億ドルを主導

イスラエルの医療機器スタートアップSight Diagnosticsは、AI技術による高速な血液検査技術に278万ドル(約3億0700万円)のシリーズC投資ラウンドを獲得した。

同社はOLOと呼ばれるデスクトップ型装置を開発した。患者の血液をそのまま垂らしたカートリッジを手で挿入すだけで、解析が行われるというものだ。

この新規資金は、同じくイスラエルに拠点を置くベンチャーキャピタルLongliv Venturesと、多国籍コングロマリットCK Hutchison Groupのメンバーからもたらされた。

Sight Diagnosticsによれば、とくにに技術的、商業的拡大を支援するシリーズC投資を求めていたと言う。この分野のCK Hutchison Groupのポートフォリオには、ヨーロッパとアジアの1万4500件以上にのぼる健康、美容関連企業が含まれており、Sight DiagnosticsのOLO血液検査装置の市場開拓ルートは確保された形だ。

このラウンドに含まれるの他の戦略的投資家には、医療系慈善事業家でNicklaus Children’s Health Care Foundation(ニクラウス子ども医療基金)の理事でもあるJack Nicklaus2世、医療系インパクト投資家Steven Esrick、そして匿名の「大手医療機器メーカー」も含まれている。

Sight Diagnosticsはさらに、この装置を「世界の主要市場」に送り込むための戦略的パートナーも探していると話していた。

共同創設者でCEOのYossi Pollakは、声明の中でこう話している。「私たちは、次世代の診断によってすべての人の健康を増進させるという私たちの社命を心から信じてくれる、そしてとりわけ重要なこととして、金銭的支援を超えた大きな価値を与えてくれる個人または団体を探しました。すでに私たちはヨーロッパ全域での手応えを感じていますが、世界の主要市場でOLOを展開してくれる戦略的パートナーも増やしたいと考えています」

同社はまた、今年中に「ヨーロッパのいくつもの国」で、消費者が実際にOLOを利用できるようになることを期待しているという。

シリーズCには、OurCrowd、Go Capital、New Alliance Capitalといった投資会社も参加している。2011年に創設されたばかりのこの医療技術系スタートアップは、昨年にシリーズAとシリーズBを獲得したばかりなのだが、今日までに500万ドル(約5億5525万円)以上を集めた。

「私たちはヨーロッパの、とくにイギリスとイタリアの有望な顧客の協力を得て試験を行ってきました」と、共同創設者Danny LevnerはTechCrunchに話してくれた。「ヨーロッパは、パイロット試験、つまり大手顧客の所有する施設で現実的な条件のもとで行った細かい臨床評価が、市場の受け入れにつながる土地です。こうすることで、ユーザーはこの装置ならではの性能を体験でき、それが大量の初注文につながり、やがては広く普及することになります」

この資金は、アメリカの規制をクリアしてOLOの認可の得るために、米食品医薬品局(FDA)で実施中の一連の審査を通すための活動にも使われている。現在は、規制当局に資料を送り審査を待っている状態だと、Levnerは話していた。

「2018年12月、アメリカの3つの臨床現場での試験を完了し、今月末にFDAにデータを送ることになっています。私たちの望みは、510(k)FDA申請を行い、CLIA(臨床検査改善修正法)認証を受けた研究室での使用を可能にして、続けてCLIA免除手続きによって、すべての診療所で使えるようにすることです。私たちはアメリカでの試験結果に大変に満足しています。1年以内に510(k)FDA申請が通ると期待しています」と彼は話した。

「現在調達した資金を元に、まずイギリス、イタリア、北欧諸国を皮切りに、ヨーロッパ市場での商品化にフォーカスしてゆきます」と彼は言う。「アメリカでは、腫瘍学と小児科に新しい市場を探しているところです」

投資は、OLOで対応できる血液検査の範囲を広げるための研究開発にも使われる。

以前、彼らはTechCrunchに、その装置を、血液検査のポートフォリを管理できるプラットフォームに発展させたいと語っていた。血液検査を重ねることで、「個別の医院の検証」を経て、個人の結果が蓄積されるというものだ。

最初のテスト用OLOでは完全血球算定(CBC)が行われ、機械学習とコンピュータービジョン技術を使って、患者の指先から採取した1滴の血液の高解像度写真のデジタル化と解析が装置内で実行される。

それは、静脈血を採取して遠くの検査施設で解析を行うという今の方法に取って代わるものだ。OLOによるCBCは、ほんの数分で完了すると宣伝されている。OLOなら専門家でなくても簡単に実行できるという。血液検査は、専門機関に外注し、解析結果を数日間待つというのが現状だ。

研究開発の側では、Levnerは、OLOで白血病や鎌状赤血球貧血などの血液の疾患の診断を行うといった「膨大な可能性」を感じているという。

「指先から血液を少量だけ採るという低侵襲な検査方法のため、新生児スクリーニングにもOLOが使える可能性があります」と彼は言う。「そのため、次なる喫緊のステップは、新生児スクリーニングのための検査手順とアルゴリズムを確立させることです」

Lenverが私たちに話したことによると、パイロット試験では「オペレーターと患者の高い満足度」も認識できたという。「この試験で際立っていたのは、OLOの指先から血液を少量だけ採取する方法が好評だったことです」と彼は話す。

ひとつ注意すべき点として、Sight Diagnosticsがまだ、OLOの臨床試験に関する論文審査の結果を発表していないことがある。昨年7月、論文審査のある雑誌での論文掲載が保留されていることを、彼らはTechCrunchに伝えている。

「審査を経た論文の出版に関して、私たちはイスラエルでの臨床試験の結果と、アメリカで終了したばかりの臨床試験結果を組み合わせて、より確実な内容にしようと決めました」というのが現在の同社の話だ。「アメリカのFDAの認可を得てから、論文に集中しようと考えています」

[原文]
(翻訳:金井哲夫)