Apple、16インチMacBook Proと31インチ6Kディスプレイを発売か

次の記事

最強のVPNプロトコル、WireGuardがmacOSアプリになった

AppleアナリストのMing-Chi Kuoは、ことApple製品のロードマップに関してはかなり信頼できる。先週末そのKuoが発表した情報満載の最新レポートを9to5macが入手した。2019年には、大画面のMacBook Proと新しいディスプレイ、さらにはiPhone、iPad、AirPodsにもアップグレードがありそうだ。

まずMacから。Kuoによると、Appleはまったく新しいデザインのMacBook Proを開発中だ。この新モデルが現在のキーボードを継承するかどうかはわかっていないが、多くのユーザーはバタフライキーボードの信頼性に不満を訴えている。

またKuoが掴んだ情報によると、16~16.5インチディスプレイの大型モデルになるらしい。Appleが画面周りのベゼルを狭くしてくれることを期待したい。

TechCrunchはAppleが2019年に 新しいMac Proを発売するであろうことはすでに報じている。しかしKuoは、同社がさらにMac Pro用のハイエンドディスプレイも出すと予想している。それは6K解像度の31.6インチという巨大モニターになるかもしれない。

iPhoneに関してKuoは、Appleが2018年と同じく3つのモデルを発売すると確信している。同じ画面サイズとLightningコネクターが踏襲される。背面にカメラセンサーを3台搭載したモデルもあるかもしれない。Face IDとワイヤレス充電がいずれもアップグレードされ、双方向充電が可能になるかもしれない。

これはiPhoneを使って別のデバイスを充電できるという意味で、ワイヤレス充電ケース付きの新しいAirPodsがやはり2019年に登場することを考えるとすばらしいアイデアだと言えよう。

一方iPadでは、エントリーモデルの9.7インチiPadがベゼルの細い10.2インチになるかもしれない。iPad Proの各モデルは高速CPUを搭載すると予想される。

先日報じたように、新しいiPad miniは今もロードマップ上にあり、iPod Touchの改訂版も同様だ。Apple Watchに関してはマイナーアップデートのみで、次期バージョンのApple Watchでは心電計が国際市場に展開され、セラミックオプションが戻ってくると考えられる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook