企業のエース人材と転職希望者を10分間限定ビデオチャットでつなぐOnepairが資金調達

次の記事

約1800件の疾患、1600本超の医師への取材から医療情報を探せるスマホアプリ

企業で働くエース人材と転職希望者が10分間のビデオチャットを通じて面接できるアプリ「Onepair」を運営するOnepairは2月19日、NOWおよび複数の個人投資家から1000万円を調達したと発表した。また、これまでベータ版だった同サービスの正式版を本日よりリリースする。

Onepairの特徴は、転職希望者がマッチングする相手は企業の採用担当者ではなく、事業責任者などの現場で活躍するエース人材だということ。企業のエースは、Onepairのアプリに毎日表示される5人の候補者のなかから気になる人をピックアップする。すると、ピックアップされた候補者のアプリには彼らを選んだエースの情報が表示される。候補者がそのアプローチにOKと答えれば、まずはマッチングが成立する。ビデオチャットの日程調整などもアプリ上で完結できるため、エース人材は気軽に多くの候補者とビデオチャットすることが可能だ。

2018年9月のベータ版リリース時は上述のエースから転職希望者へのアプローチ機能しかなかったが、同社はその後アプリをリニューアルし、転職希望者からエースへのアプローチも可能になった。アプリ内にはエース人材の働きぶりが分かる記事コンテンツが用意されており、それを見た転職希望者がエース人材とのビデオチャットに応募できる。

10分間のビデオチャットは、時間が来たら強制的に終了する。通常の面接は30分から1時間ほどの時間が設定されていることが多いが、10分間話してみただけでもその人の印象は大体固まってしまうもの。つまり、Onepairは10分間あれば『この人とは一緒に働けない』などのネガティブなスクリーニングをすることができるという仮説の上で作られたアプリなのだ。また、ビデオチャットなので移動も必要なく、効率的に採用候補者を探せる(転職者は働きたい企業を探せる)というわけだ。

今回、同社にとって初の資金調達を実施したOnepairは、10分間という限られた時間をより“濃いもの”にする施策を打っていく。具体的には、マッチングした時に表示されるプロフィールを充実させることでビデオチャットでよくある「自己紹介」を省くなどが考えられる。現在、Onepairを導入する企業は約20社。これをまずは100社にまで拡大することが当面の目標だという。