終わらないLINE Pay、3月14日までドラッグストアで20%還元

次の記事

OneWebのインターネット衛星、最初の6機が打ち上げ成功

LINE Payは3月1日からドラッグストアでの20%還元キャンペーンを開始した。3月14日23時59分までの期間限定で実施され、還元の上限金額は3000円。累計で1万5000円の支払いがお得になる。LINE Payは2月28日まで、コンビニやドラッグストア、家電量販店などで同様の20%還元を実施していたが、3月1日から間髪入れずにドラッグストアに的を絞ってキャンペーンを継続するかたちとなる。

20%の還元を受けるには、LINE Payの「コード支払い」での決済が必要。「LINE Pay カード」やGoogle Pay(QUICPay)での利用時には適用されないので注意。なお、LINE残高に還元される時期は5月20日~5月31日となっている。

対象のドラッグストアは、ウェルシア、ツルハドラッグ、サンドラッグ、ココカラファイン、アインズトルペ、トモズ、ゲンキー、くすりの福太郎、ウェルネス、ウォンツ、レディ、ビーアンドディー、HAC、ダックス、ハッピードラッグ、マルエドラッグ、ビビオン、アカカベ、ドラッグ新生堂、大賀薬局、薬王堂の21グループのドラッグストアチェーン。

大手チェーンが多数参加している一方、業界最大手のマツモトキヨシのほか、スギ薬局、ローソンに併設されていることもあるクオール薬局などは対象外なので注意。

除外商品としては、処方箋が必要な医薬品。また店舗によっては、酒、タバコ、書籍、チケット、金券などの商品も対象外となる。

LINE Payは、ほかのコード決済サービスに比べてさまざまなチャージ方法を用意しているのが特徴だ。登録した銀行口座のほか、QRコード・バーコード(AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズ)、LINE Payカード(ローソン、AINZ&TULPE)、コンビニ(ファミリーマート)からもチャージできる。

また、セブン-イレブンではLINE Payは使えないものの、セブン-イレブンの店内に設置されていることが多いセブン銀行ATMからのチャージも可能。この場合、セブン銀行の口座開設は不要で画面の指示に従って入金するだけと簡単だ。

【2019.03.01 11:10追記】
LINE Payは同日からローソンでの20%キャンペーンを実施することも発表した。こちらも3月14日23時59分までの期間限定で実施される。LINE Payの「コード支払い」での決済に限られるのは同様だが、還元の上限金額は2000円とドラッグストアとは異なるので注意。対象店舗は、ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100。ローソンで還元された金額がLINE残高に付与されるのは4月10日〜20日と、ドラッグストアよりも1カ月以上早い。

そのほか同じ期間、ビックカメラ、コジマ、ソフマップの対象店舗でも5%還元を実施する。マイカラーポイントを組み合わせることで最大10%の還元が受けられる。こちらも還元額の上限はドラッグストアと同じく3000円相当。還元時期も同様で5月20日~5月31日となっている。