PR TIMES
jooto

プロジェクト管理ツール「Jooto」がフル機能を無料開放、5人目以降からの有料プランに刷新

次の記事

ゲイツやベゾスが率いるファンドが世界の地熱発電プロジェクト開発に投資

PR TIMESは3月4日、プロジェクト管理ツール「Jooto」(ジョートー)の料金プランを改定した。ユーザー数4名まではすべての機能が無料で使えるようになる。

Jootoは、2014年ローンチのクラウド型のプロジェクト管理ツール。プロジェクトをカードとして管理できるかんばん方式を採用しており、カードのステータスを変化させることで進行状況を視覚的に把握可能だ。

生産や工程の管理に便利なガントチャートの機能もあり、締め切り日やタスクの進捗具合を一覧で把握できるのも特徴。GoogleカレンダーやSlack、Chatworkなどの外部ツールと連携することもできる。個人や家庭でのタスク管理から、会社の部署単位のプロジェクト管理、会社間のプロジェクト管理など、さまざまな用途に対応可能なツールだ。

従来はコア機能のみがフリーミアムで、ガントチャートについては月額1780円のベーシックプラン以上、GoogleカレンダーやSlackなどの外部連携については月額3280円のアドバンスプラン以上でないと使えなかったが、前述のように新プランでは4人まではすべて無料。複数あった料金プランはすべて廃止され、5人目以降から税別月額500円/人とシンプルになっている。

今回の料金プラン変更に併せて、「組織情報」と「ユーザー管理」機能も加わっている。「組織情報」を入力することで、メンバーが自身が参加しているプロジェクトがどの会社やチームに属しているかが確認できるようになる。。「ユーザー管理」は、組織に所属しているユーザーを一覧で確認でき、そのユーザーがどのプロジェクトに所属しているかなど詳細情報もわかる。これらの機能によって、さまざな組織形態に対応できるという。

プロジェクト管理ツールといえばTrelloをはじめとしてさまざまなツールが存在するが、ガントチャートやGoogleカレンダーなどの連携機能を個人や家族なら実質無料で使えるのはうれしい。創業間もないスタートアップにとっても導入しやすいツールだろう。