ネットサービス
Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)
追悼アカウント

Facebookの追悼アカウントに感謝の言葉を残せる機能が加わる

次の記事

複雑な行政手続きの方法が簡単にわかる「Graffer手続きガイド」、埼玉県横瀬町で試験運用開始

Facebookは、追悼アカウントに人々がメッセージを残すことを可能にする、新しい「トリビュート」(感謝の言葉)セクション機能を公開した。

トリビュートセクションはアカウントの通常のタイムラインとは分離されている。追悼アカウントのプライバシー設定にもよるが、故人の友人たちは、いまでもタイムラインに投稿することができている。しかし、もし追悼アカウントがトリビュートセクションを持つ場合には、アカウントが追悼アカウントになった(それ以降誰もアカウントにログインすることはできなくなる)後に行われた投稿は、すべてそこに置かれることになる。

自分の死後にアカウントを管理して貰えるように、「追悼アカウント管理人」をすでに指定していた人の中には、本日新しい機能の通知を受け取った者がいる。その通知には「もしあなたのアカウントが追悼アカウントになったら」という婉曲的な表現が書かれていた。

Facebookのヘルプセンターのページには、新しいトリビュートセクションに関して以下のように説明されている:「友人たちや家族がストーリーを投稿したり、誕生日を偲んだり、思い出を共有したりすることができる、追悼プロフィール上のスペースです」。

「追悼アカウント管理人」は、トリビュート投稿に対しては、追悼アカウントの他の部分よりも大きな権限を有している。例えば、管理人は誰がトリビュートを見たり投稿したりすることを決めることが可能であり、また投稿を削除することもできる。また、死亡した人がタグ付けされている投稿を閲覧できる人を変更したり、タグを削除したりすることもできる。

アカウントがタイムラインレビューを有効にしていた場合、追悼アカウント管理人は、それをトリビュート投稿に対しては無効にすることができる。アカウントが追悼アカウントになった後に、そのタイムラインに対して行われた投稿はすべてトリビュートセクションに分離される。

この機能のヘルプページには、「私たちは、与えられた情報に基づいて、タイムラインへの投稿からトリビュートへの投稿を分離するために最善を尽くしています」と書かれている。

なお追悼アカウント管理人は、相変わらず、追悼対象のアカウントにログインしたり、プライベートメッセージを読んだり、友人を削除することなどはできない。

[原文へ]

(翻訳:sako)