ドローンの飛行データをブロックチェーンに保存するサービス「Red Cat」

次の記事

日本でも加速する“レジレス化”、JR東が首都圏の駅ナカ店舗にセルフ注文端末導入へ

Red Catはドローンの飛行データをブロックチェーンに保存して不変性を保証しようとしているスタートアップだ。米国時間3月6日、ドローンデータ・プラットフォームの第2ベータテストを発表した。

2017年にRed CatのCEOのJeff Thompson氏は、商用ドローンビジネスの普及を妨げているものは何かと探ったところ、ブラックボックスのようなシステムが必要であると認識した。いわゆるブラックボックスとは飛行機のフライトに関するデータを追跡するフライトレコーダーのことだ。彼はブラックボックスの機能をドローンで再現するためのプラットフォームを作り、ブロックチェーンの不変性という特長を生かしてそこにデータを保存すればよいと確信した。

「事故の責任を持ち追跡できる能力を必要とする人々はわれわれの情報を活用できる。規制当局であれ保険会社であれ、大きな損害を与えたときに小切手を書かなくてはならない人々だ」とThompson氏はTechCrunchに話した。

このツールは、墜落や飛行機とのニアミス、あるいは昨年ロンドンの ガトウィック空港閉鎖を引き起こしたドローンのような事故があったときの関係者に役立つはずだ。利用者はRed Catの記録を調べることで、見ているデータが正確でいかなる改ざんも受けていないことを確信できる。

Flight logs in Red Cat / Screenshot: Red Cat

この業界が成熟して他の商業航空交通と空域を共有していくためには、このようなシステムが不可欠だとThompson氏は信じている。しかし同社はデータ追跡システムを作るだけでは満足していない。ドローンがさまざまな目的地を訪れたとき、この先何が起こるのかを知るための詳細な洞察をドローン会社に提供したいと考えている。

最終目標は、企業がドローンの飛行を制御、監視しどのように利用されているかを理解できるようにすることだ。現在同社はこのすべてを改善し続けているところだ。今回のベータは2度目で、第1ベータは200人が利用した。第2ベータの目的はドローンコミュニティーからさらにフィードバックをもらうことであり、ドローン会社、パイロット、規制当局、保険会社などRed Catに保存されたデータを利用することの恩恵を受けられる人たちが対象だ。

Red Catはプエルトリコに拠点があり、これまでに220万ドルを調達している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook