総額30億円超を目指すグリーの「GFR Fund Ⅱ」、北米でVR/ARやAI、eSportsに出資

次の記事

Alexaの新機能Song IDは次の曲のタイトルを案内する

グリーは3月7日、新ファンド「GFR Fund Ⅱ」について発表した。同ファンドは、北米に設立したGREE Capital Partners, LLCを通じて2018年12月に設立。運用期間は、初回クロージング日から原則10年間となる。

出資者は、グリー、ミクシィなど、国内外の事業会社および機関投資家など。1700万ドル(約19億円)のコミットメント総額(約定総額)で、2019年1月30日に初回クロージングを完了。同ファンドでは2019年12月末まで引き続き出資者を募集をし、コミットメント総額が3000万ドル(約33.5億円)に達するまで拡大する予定とのこと。

2016年4月に設立した「GVR Fund」(現・GFR Fund Ⅰ)は、VR/AR領域のほか、AIなどを含む最先端技術を持つスタートアップなど22社に対して投資を実行。今回のGFR Fund IIでは、北米を中心にVR/AR領域に継続して投資していくだけでなく、eSports、ストリーミング、AI、ブロックチェーンなどに投資分野を拡大していく。同ファンドは2019年1月から投資を始めており、すでにGLG GamingFanAIなどにに対して投資を実行済みだ。

GLG GamingはeSportsプレーヤー向け動画サイト「ProGuides」、FanAIはスポーツチームおよび広告主向けデータ分析ツールをそれぞれ提供しているスタートアップ。