任天堂が「Nintendo Labo: VR Kit」でSwitchに仮想現実を導入

次の記事

抗うつ剤における30年ぶりの大進歩、米食品医薬品局がエスケタミン点鼻薬を承認

GoogleがCardboard用に設計した仮想現実を見せたのは2014年だったが、今度は任天堂が、顔の近くに着けるNintendo Switch用「Nintendo Labo: VR Kit」で仲間に加わろうとしている。

Laboでは、1つのキットのまわりにいろいろと奇抜なToy-Conと呼ばれるプロジェクトを作る。例えば、象の鼻の形をしたヘッドセットは、その先端にコントローラーがある。象をはじめ、6種類のToy-ConがセットになったVR KITは7980円で、ほかにVRゴーグル、バズーカ、カメラ、鳥、風、といったToy-Conがある。Toy-Conが2つだけの初心者向けは3980円だ。そのほかのToy-Conもネットで買える。

  1. Switch_NintendoLabo_VRKit_ToyConBlaster

  2. Switch_NintendoLabo_VRKit_ToyConElephant

  3. Switch_NintendoLabo_VRKit_ToyConBird

  4. Switch_NintendoLabo_VRKit_ToyConCamera

  5. Switch_NintendoLabo_VRKit_ToyConWindPedal

それはPlayStation VRほどのレベルではなくて、任天堂のそのほかのLaboのデモを見てもわかるが、その狙いは本格的にゲームの新しい形式や仕組みを導入することではなく、楽しい遊びの種類を増やすことにある。

Switchも、あの画面サイズと解像度ではとうていVR向きではない。コンテンツはとても楽しそうだが、VR体験として快適とは言えないだろう。でも、Nintendo Labo: VR Kitプロジェクトで遊ぶためにはSwitchをVRモードで使うなどの面倒は一切ない。いわゆるVRヘッドセットのように、Switchを顔に装着する必要もないと任天堂はコメントしている。

【VR Kitの宣伝ツイート】

Nintendo of Americaの次期社長Doug Bowser氏は声明文で述べているように、このキットは「子どもと、子どもの心を失ってない大人のための、楽しくて親しみやすい仮想現実入門編だ」。発売は日米とも4月12日だ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa