荷物預かりサービス「ecbo cloak」が大手百貨店と初提携、西武渋谷店でサービス開始

次の記事

5分充電で120km走行、テスラから新型スーパーチャージャー登場

荷物預かりサービスの「ecbo cloak」を提供するecboは3月8日、大手百貨店グループの「そごう・西武」と提携したと発表した。西武渋谷店の1階案内カウンターでecbo cloakが利用可能になる。同社にとって、東京の大手百貨店と手を組むのがこれがはじめてのことだ。

観光客も多い東京の百貨店に行くと、旅行用の大きなバッグを持ちながら買い物をする人を見かける。コインロッカーなどはあるが、荷物のサイズが大きすぎてロッカーに入らなかったり、そもそも空いているコインロッカーを見つけにくいなどの問題がある。ecbo cloakによれば、「渋谷駅のコインロッカーの総数は約1400個、うち大型のスーツケースが入るものはたったの約90個と、荷物を預けられる場所の不足が課題」といい、百貨店と手を組んでサービスを提供することで、百貨店を利用する人々の荷物の預け場所不足を解決する。

ecbo cloakはこれまでに駅や店舗などと提携して、それらがもつ遊休スペースをecboユーザーの荷物預かりスペースとして利用するサービスを展開してきた。ユーザーはサービスを通して荷物を預けられる場所を簡単に検索、予約することができ、スペースを貸し出す店舗は遊休スペースを貸し出すことで収益を得ることが可能だ。

ecbo cloakはJR各社などビッグプレイヤーなどとの連携を急速に進めており、現在の導入店舗数は1000箇所以上。東京をはじめ、福岡など日本の主要都市で利用できる。西武渋谷店でのサービス開始は3月11日を予定しており、バッグサイズであれば300円、スーツケースサイズであれば600円で営業時間中(平日10:00〜20:00、日曜日10:00〜19:00)いつでも荷物を預けることが可能だ。