キャプテン・マーベル
スーパーヒーロー

ディズニーの「キャプテン・マーベル」が初週末で興収500億円超、日本公開は3月15日

次の記事

自動車用アラームの欠陥で300万台の車がカージャックの危機に

Marvel(マーベル)シリーズの最新作、映画、「キャプテン・マーベル」はスマッシュヒットと判明した。公開最初の週末で女性スーパーヒーローを主人公にしたこの映画は4億5500万ドル(約505億円)の興行収入をディズニーにもたらした。

Marvelシリーズとして初の女性スーパーヒーロー主役にした作品であり、Marvel Studio自身のツイートによれば、公開後最初の週末の興行収入としてスーパーヒーローもの全体で「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に次いで史上2位、全ジャンル総合で6位となった。

この映画の大ヒットは、従来無視されがちだったファン層が良質のエンターテインメントには喜んで料金を支払うことを再確認させたといえるだろう。Marvelの北米における興収1位は「ブラックパンサー」で、なんと7億ドル(約777億円)をかきあつめている

驚異的興収もキャプテン・マーベルだが、批評家の評価は分かれており、TechCrunchのAnthony Haは「よくできた映画だがブリー・ラーソンのスーパーヒーロー・デビュー作としてはやや期待はずれ」と述べている。

今回のリリースでMarvelは女性観客の動員に成功したようだ。ディズニーには観客のジェンダー・ギャップを着々と減少させつつある。キャプテン・マーベルはディズニーのスーパーヒーローものとして、ブラックパンサー、アントマン&ワスプと並んで男女差がもっとも少なかった作品となっている。Box Office Mojoの調査によれば、今回の週末の観客では男性が55%、女性が45%だったという。

作品のヒットはディズニーが準備しているストリーミング・サービス「Disney+」の立ち上げにも好影響をもたらすだろう。このサービスでは契約者獲得をMarvelとLucasFilm(ルーカスフィルム)というビッグネームに強く依存している(実は私もすでに契約した)。

ロキをトム・ヒドルストンが演じるプロジェクトが進行中だ。 ロキは「マイティー・ソー」と「アベンジャーズ」に登場する悪役ないしアンチ・ヒーローで複雑な性格づけだ。MarvelはこのキャラクターをNetflix/Marvel配信 の「ディフェンダーズ」の予告編に登場させていた。 MarvelとNetfilxの提携はその後解消されたので、今後ロキが登場する先品はDisney+を通じて配信されることになるだろう。

「キャプテン・マーベル」はDisney+で独占ストリーミングされることがすでに決定している。

【編集部注】公式サイトによれば日本公開は3月15日(金)

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+