ドローン
安曇野FINISH
VAIO
エアロネクスト

安曇野FINISHドローン誕生か、エアロネクストとVAIOが量産化に向けてタッグ

次の記事

米国がドイツに通告「5Gでファーウェイ機器採用なら情報共有を制限」

エアロネクストは3月12日、VAIOと産業用ドローンの量産化について共同で事業化を検討することを発表した。

エアロネクストは2017年4月設立のスタートアップ。ドローン重心制御技術「4DGravity」を保有しており、従来はソフトウェア中心だったドローン本体の姿勢維持をハードウェアレベルで実現することで、より安定したドローンの飛行を可能としている。

VAIOは、ソニーが販売していた「VAIO」ブランドのPCの製造・販売を一部の技術者を含めて2014年に引き継いだ企業。同社が製造するVAIOの各モデルは、長野県安曇野市の工場で綿密な最終チェックが実施される、いわゆる「安曇野FINISH」モデルとして出荷される。現在同社の主力事業は、法人向けPCの販売と電子機器の受託生産(EMS)だ(Engadget日本語版参考記事:VAIOの里で見た謎の安曇野フィニッシュと億単位のテスト環境にVAIOの真髄を見た)。

今回の提携についてエアロネクストからは以下の回答が得られた。

TechCrunch(TC):VAIOとの提携は先日の小橋工業との提携と同様のものなのでしょうか?
エアロネクスト:小橋工業と同様に重要な提携先となります。4D Gravityは産業ドローンの標準技術だと考えていますので、今後もさまざまなドローンメーカーでの採用・搭載を予定しています。

TC:PC製造とEMSを得意とするVAIOを組む理由を教えてください。
エアロネクスト:これまでのEMS事業においてロボットに加え、IoT関連の製造に対しても意欲的に取り組んでいらっしゃるということが最大の理由です。また、PC事業・EMS事業それぞれにおいて豊富な経験と実績を有するVAIOと組むことで、より安定した飛行を実現できる産業ドローンの開発に取り組めると考えています。

TC:安曇野工場は「安曇野FINISH」でおなじみですが、御社のドローンも安曇野FINISHとなるのでしょうか。
エアロネクスト:それも一つの可能性ですが、現時点では未定です。さまざまな選択肢の中からベストな生産体制の決定がされる予定です。

TC:具体的にはどのような用途で使う産業用ドローンを量産されるのでしょうか。
エアロネクスト:市場の立ち上がりと市場規模を見据えつつ、産業用途全般で検討していきますが、現時点では未定です。

TC:どのようなドローンサービスを事業化されるのでしょうか。
エアロネクスト:VAIOにはPCに加えて様々な電子機器、IoT製品の設計・製造の経験と、高品位・高品質なモノづくり、ブランド力があります。4D Gravityテクノロジーを使った新たな商品開発、用途別サービスの検討を共同で進める中で、シナジー効果が期待できるサービスを実用化する予定です。

TC:量産化のメド、事業化のメドを教えてください。
エアロネクスト:量産計画についてはこれからになります。決定次第、発表いたします。

TC:量産台数の目標を教えてください。
エアロネクスト:上記同様量産計画についてはこれからになります。決定次第、発表いたします。

エアロネクストは先日、岡山を拠点とする農耕機具メーカーである小橋工業との提携を発表したばかり。今回の提携は詳細をこれから詰めていくようだが、画期的なドローン技術を擁するエアロネクストと、製品の品質管理の定評のあるVAIOが組むことで、どのような産業用ドローンが生まれるの楽しみだ。