pring
プリン

無料送金アプリ「Pring」を使いセブン銀行ATMでお金をおろせるように、カードは不要

次の記事

核兵器を根絶するときが来た、技術者は開発から手を引こう

左がセブン銀行の和田哲士氏、右がPring代表取締役社長の荻原充彦氏

無料送金アプリ「プリン」提供のPringは3月12日、セブン銀行子会社のセブン・ペイメントサービスのATM受取に対応開始したと発表した。

この接続により、プリン内の残高はいつでもセブン銀行ATMから「カード不要」で引き出せるようになる。ATM出金手数料は1日1回まで無料。2回目からは216円となる。

プリンでの出金及び送金の上限金額は、原則として1日あたり10万円となっている。

当日の会見で代表取締役社長の荻原充彦氏は、ATMでの出金が24時間無料となるのは「送金アプリとして日本初」の試みになると話した。2回目からは216円となる。

プリンからセブン銀行ATMへ出金する方法は以下のとおりだ。

  1. アプリトップ画面の左下にある「お金をおろす」をタップ
  2. 引き出す金額を入力し「現金受取り」をタップ
  3. 表示金額が正しいことを確認、セブン銀行ATMの操作を開始
  4. セブン銀行ATMで画面右上の「カードを使わない番号入力での取引」をタップ
  5. 画面に沿って、必要情報を入力
  6.  金額が間違っていないことを確認し「確認」をタップ

荻原氏はPringが目指しているのは「お金を動かすたびに生じる摩擦を限りなく無くし、お金コミュニケーションの活性化」をはかることだと話す。

Pringの提供価値は「お金にまつわるストレスを解消」すること。荻原氏は今回の接続の目的は「更なるストレス解消のため」と加えた。

Pringは3月8日、プリンのリリースから1周年をむかえ、累計送金額は15億円を突破したと発表していた。

【2019.03.12 14:55 追記】送金の上限金額や利用方法の詳細に関して加筆いたしました。