ディズニーによる713億ドルのフォックス買収、3月20日に完了と正式発表

次の記事

自転車シェアの中国Mobike、海外市場からの後退を親会社Meituanが認めた

もうこの話が出始めてから1年以上も経つが、ディズニーは現地時間3月12日、同社による21世紀フォックスの買収がもうすぐで完了する予定だと発表した。

ディズニーいわく、買収は3月20日の午前12時2分(ET)に完了。メキシコのレギュレーターの最終承認を得られたことを示唆している。

ディズニーは当初、フォックスを524億ドルで買収する予定だったが、コムキャストによるカウンター・オファーもあり、最終的には713億ドルにおよぶ額となった。

今回の買収で、ディズニーはフォックスの映画およびテレビのスタジオを獲得し、「ファンタスティック・フォー」「X-MEN」や「デッドプール」などのマーベルのキャラクターを使った映画を制作できるようになる。加えて、ディズニーはHuluの株式を獲得、倍増し、合計で60%保有することとなる。

一方で、買収が完了すれば4000人以上がリストラされる見通しだ。そして、フォックスニュースなどディズニーが買収しなかった部門は「フォックス・コーポレーション」としてスピンアウトする。

【原文】

(TechCrunch US版の記事を翻訳、編集しました)