定額制ランチサービス「POTLUCK」で「テイクアウト保険」の適用開始

次の記事

1000万MAU突破のnoteが新たに法人向けの「note pro」をローンチ

RYM&CO.が提供している月額定額制ランチテイクアウトサービス「POTLUCK」。30日間有効のチケットを購入することで、さまざまな飲食店のランチがテイクアウトできるサービスだ。

月額料金(税別)によってチケットの枚数が異なり、4080円の場合は6枚(1食あたり680円)、1万2000円の場合は20枚(同510円)のチケットを付与される。2万4000円の食べ放題プランもある。同社によると、事前予約制で待ち時間がなく限られたランチタイムを有効に使えるとのこと。

現在のところ営業エリアは都内の渋谷・恵比寿・代官山・表参道エリアのみだが、2018年9月3日のスタートから半年が経過した2019年に3月3日に累計注文数が1万食を突破するなど、順調にユーザーを増やしている。2月12日には100名限定で月額1万2000円の食べ放題プランを募集、翌日には上限に達した。

同社はサービスの向上を目指し、3月13日から「テイクアウト保険」の提供を開始した。これは三井住友海上火災保険との連携で実現したもの。万が一の事故が発生した場合に、テイクアウトの提供者や利用者が追加費用を一切支払うことなくサポートを受けられるというもの。具体的には、食中毒などが発生した場合の賠償金などを、テイクアウト提供者が個別で加入するPL保険の上限金額を超過した際に、その不足分をテイクアウト保険で支払うというもの。保険期間は1年間で上限金額を1億円。なお、テイクアウト保険が適用されるテイクアウト提供者は、支払限度額1億円以上のPL保険を加入していることが条件となる。