グーグルの360度動画プロジェクト「Spotlight Stories」終了か

次の記事

フォードの自動運転車両プログラム、5番目の都市はオースティン

グーグルは360度動画プロジェクトの「Spotlight Stories」を終了するようだ。Varietyが報じた。

Spotlight Storiesのメンバーはグーグルの先端技術開発チームであるATAP(Advanced Technology & Projects)のグループに属し、6年ほどコンテンツを制作してきた。フェイスブックのOculus Story Studioと同様に、マネタイズは重視していなかった。

米TechCrunchではグーグルに事実関係の確認をしている。

Spotlight Storiesが制作した作品の中でも大きな話題となった「Pearl」は2017年、アカデミー賞にノミネートされ、エミー賞を受賞した。

TechCrunchのライター、Lucas Matneyは、グーグルは「市場をOculusに譲った」、「今度は独自のコンテンツ制作に関しても、“正しいアプローチでない”と結論づけるのかもしれない」と綴っている。

(本稿は米国版TechCrunchの記事を翻訳・編集したものです)

[米国版TechCrunchの記事はこちら]