郵便局内に無償の“メルカリ梱包コーナー”、メルカリと日本郵便が実証実験へ

次の記事

簡単な質問に答えるだけで旅先をリコメンド、WithTravelがグローバル・ブレインから2億円調達

メルカリと日本郵便は3月14日から、フリマアプリ内で売れた商品をそのまま郵便局に持っていくだけで発送できる梱包コーナー「つつメルすぽっと」の実証実験を始める。

郵便局内に無償で利用できる梱包資材を備えたスペースを設置。あらかじめ梱包の準備をしていなくても、同スペースに商品を持っていけば梱包から発送までをサポートする。まずは首都圏5か所の郵便局(立川郵便局、光が丘郵便局、八千代郵便局、国立郵便局、美浜郵便局)が対象だ。

もともとメルカリと日本郵便では2017年6月から共同で配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」を提供してきた。このサービスでは発送時に二次元コードを活用することで伝票を記入する手間を削減。出品者・購入者の双方が住所や氏名を開示せずに使える匿名配送や、全国約2万か所の郵便局と約1万3900店舗のローソンからの発送にも対応し、ユーザーからも好評だったという。

一方でメルカリ内でのアンケート調査の結果、出品未経験のユーザーが「出品しない理由」として「梱包・発送作業が大変そうだから」が最も多いことが判明。「(発送方法・梱包資材入手・梱包・送料の全ての軸で)どうしたらいいかよくわからない」という回答が多かったことから、より簡単に梱包・発送できる仕組みを作るべく、今回の実証実験に至ったようだ。

つつメルすぽっとの利用方法は以下の通り。配送方法にゆうゆうメルカリ便を選択した商品のみが対象となる。

  1. 出品する際の配送方法にゆうゆうメルカリ便を選択
  2. 取引成立後、つつメルすぽっとが設置されている郵便局に、売れた商品を梱包せずに持ち込む
  3. つつメルすぽっとで適切なサイズの梱包資材を選択(「ゆうパケット」サイズの梱包資材は無償で利用可能。「ゆうパック」サイズの梱包資材は自身で準備するか、郵便局で購入する)
  4. 同スポットで商品を梱包
  5. 商品にゆうプリタッチで出力した伝票を貼り、発送

メルカリでは今回の実証実験の結果を踏まえ、展開地域の拡大も検討していく計画だという。