新興国
Payal Arora
貧困

先進国の外にいる、次なる10億人のユーザーはどこで何を求めるのか?

次の記事

アップルがWWDC19を6月3日から開催、参加費は約18万円

起業家やハイテク企業の幹部たちは、次なる成長の源を求めて先進国の外に視野を広げている。安価なスマートフォンが普及し、インドのJioのような安い利用プランが登場したことで、新たに10億人のユーザーがインターネットに加わった。しかし、彼らは何を求めているのだろう。彼らは、以前からのインターネットユーザーと同じなのか、違うのか?

それが、Payal Arora(パヤル・アローラ)氏の著書「The Next Billion Users: Digital Beyond the West」(次なる10億人のユーザー:欧米の外のデジタル)の核心となるテーマだ。簡潔な論文だが、欧米のハイテク企業の創設者や非営利団体の役員たちが世界の貧しい人たちを誤解している点や、彼らがインターネットに求めている本当のものを表すエピソードを数多く集めた、論議を呼びそうな内容になっている。

「倫理感を捨てて現実に向き合いましょう」とアローラ氏はTechCrunchのインタビューに応えて言った。「地上の俗世を讃えましょう」というのが、20年以上も世界の貧困問題に取り組み、テクノロジー、ソーシャルメディア、起業の問題と関わってきた彼女の総括だ。

現在はオランダのエラスムス・ロッテルダム大学で教授を務める彼女は、世界で貧困にあえぐ人たちの本当の姿を見えにくくしている話に異論を唱えている。「今日の世界的な貧困層は、いくつもの型にはめられています。空白の石版、犯罪者、はみ出し者、善良な人、起業家、まとめ役、被害者などなど。それは、この膨大な数の貧困層を神秘化しようとする策略の証です」

TechCrunchとの話の中で、彼女はこう話していた。「(インターネットは)基本的に、常に進歩しているプロジェクトです。そしてそれは、利用者によって常に形作られます」

世界の貧困層は「遊びたい」のが現実

「異国的」などではない。貧困層のユーザーが求めるものの多くは、欧米で使われているものと一致する。娯楽、教育、それにロマンス。事実、欧米の主要メーカーが考えている次なるユーザーが求めるものと、実際に当事者たちが求めているものとの間には大きな認識の開きがある。若者(人口統計データによれば、この新しい市場の新しいユーザーの大半は若者が占めている)がデジタル機器を手に入れると、まず行うのが音楽を聴くことと、Facebookなどのソーシャルメディアでの会話だ。

テクノロジーが世界各地で拡大する本当の理由は、必要性にはなく、楽しみたいという欲求にある。「JioからFacebookまで、すべての試みに共通するものが少なくともひとつ存在する。この新しいテクノロジーを受け入れたくなる動機付けに、彼らは遊びとしての使い方を推奨しているのだ」と彼女は書いている。

彼女は、この新しいデジタル機器に関して、「遊び」という考え方の重要性と課題を強調している。彼女はこう書いている。「ジュガール、つまり『質素なイノベーション』の概念が蔓延している。少ないものから、いかにして多くを得るかというゲームだ」。インドなどの地域で見られる草の根のイノベーションは、遊びの建設的な形だ。自分たちのテクノロジーをリミックスして要求に応える」。

しかし、欧米企業の役員にとっては、イノベーションは必ずしも好ましいものではない。欧米の高価なメディアに料金を払えるだけの資産がないために、途上国では海賊版が横行する。「海賊版商品によってデジタルの娯楽市場を作り出す貧困層の創意工夫を正当化すれば、その代償として、欧米のメディア産業のビジネスモデルの中核が破壊される」

この新興市場ではプライバシーはさらに複雑な問題

欧米では、毎日のように情報流出やプライバシー侵害の問題がニュースになっている。欧州連合では、GDPR(一般データ保護規則)によって、ユーザーのプライバシー保護のための世界でもっとも広範な政策が議会を通過し、Facebookなどのプラットフォームのプライバシー問題は、シリコンバレーの政策立案者の間でも、日々の一番熱い話題になっている。

しかしAroraは、世界の貧困層のためのプライバシーには、もっと複雑な事情があると見ている。貧困層のユーザーにとって「プライバシーは、それほど大きな問題ではありません。それは、彼らがプライバシーを気にしていないからではなく、プライバシーが確保されない環境であるからでもありません。(中略)実際は、彼らの現実的な生活との関係において、それはもっとずっと個人的なものだからです」と彼女は言う。著書の中では、彼女はこう書いている。「必要とあれば、彼らは巧みに身を隠す。また必要とあらば活発な探求者となる。とくにインターネットで楽しみを得たいときだ」

新しいユーザーは、厳格に保守的で、男女で仕切られた社会に属する人たちが多い。そこでは、女性が顔を見せるだけで罰せられることもある。それでも、女も男も、そうした規則を迂回する手段としてFacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークを使っている。社会生活を仲介するものとして、意図的にテクノロジーを使っているのだ。しかも、それは楽しい。「Facebookは『ハッピー』な場所です。とくに、日常の貧困と暴力から子どもたちが抜け出せないでいるファベラ(ブラジルの貧民街)では重要です」。

もちろん、テクノロジーは新たな問題を引き起こす。位置情報技術は、ギャングが嫌がらせや誘拐の目的で特定の人物を探し出すことを可能にしてしまう。出会い系サイトの詐欺は、出会いを求めて若い男女がインターネットを使うほどに増えてゆく。中傷的な画像を拡散すれば、家族やコミュニティー全体が辱められる。しかし、テクノロジーが可能にしたこのようなシンプルな人間関係は、貧しい人たちの生活を、ほんのわずかだが楽にできることもある。

起業家は日常に目を向けるべき

アローラ氏の最も辛辣な批判は、シリコンバレーとその起業家たちが、彼らの核心的な要求にではなく、大規模プロジェクトにばかりこだわっていると分析したところから発している。

彼女は、Nicolas Negroponte(ニコラス・ネグロポンテ)氏と彼の「One Laptop Per Child」(すべての子どもにノートパソコンを)プログラム(この時点で彼女は何度も口にしている)と、コンピューターを村に置けば教育を変革できるという信念のもとに行われたSugata Mitra(スガタ・マイトラ)氏の「Hall-in-the-Wall」実験を強く批判している。私たちとのインタビューの中で、アローラ氏はこう話していた。「発想が貧困だと言っているのではありません。ただ、彼らは上から目線で、非常に無礼だったのです」。

宇宙船や斬新なテクノロジーなどではなく、貧しい人たちがすでに訴えている要求を満たすものを、製品のデザイナーは与えてくれればいいと彼女は進言する。インドのJioが成功した理由についてアローラ氏は、その戦略が「インド市場の特徴である『ABCD原則』に従っていた、つまりインドの消費者のほとんどが、自身の個人情報をAstrology(星占い)、Bollywood(インド映画)、Cricket(クリケット)、Devotion(信仰)のサイトで使っているという事実をベースにしている」と書いている。

企業の創業者、政府関係者、支援団体の中には、その結果を受け入れられない人もいるだろう。そのような娯楽を求める軽薄な行為を、彼らは非難したがる。ユーザーは自分自身を教育し、貧困から「自力で脱出する」よう努力すべきだと彼らは主張する。しかし、性的関心の探求、安全な場所からの政治的な発言などなど、そうした自己表現を追求することは貧困層の絶対的な権利だとAroraは熱っぽく語る。分子生物学上の発見を学ぶことなど、どうでもいい。

「The Next Billion Users: Digital Beyond the West」には、役に立つか立たないかの評価の基準となる単一のテーマは存在しない。アローラ氏はいくつもの逸話、データ、視点を提供し、読者の世界を広げようと努力し、その目標を達成した。新市場にユーザーを持つ人たちなら誰もが、彼女が培った視点を参考にする価値がある。

[原文へ]

(翻訳:金井哲夫)