subsclife
カマルクジャパン

学生の一人暮らしや単身赴任者に向けた月額7410円からのレンタル家具セット

次の記事

Galaxy S10カメラアプリに技術導入、スマホにAI/MLを持ち込むPolarr

カマルクジャパンは3月15日、同社が運営する月額制サブスクリプション家具サービス「subsclife」(サブスクライフ)で、コーディネートされた複数の家具をセットにして提供するオプションを開始した。料金は月額7410円で、学生の1人暮らしや単身赴任者を主な対象としている。同社は2月7日、インテリアコーディネーターが家具のコーディネートを無料で提案する、法人向けサービスをローンチしていた。

subsclifeの家具は、長期利用であってもその家具の購入金額を超えない価格設定になっているのが特徴。さらに、レンタル期間中の通常の使用でキズがついてしまっても、補修や修理などの追加費用が発生しない。同社は月額制のサブスク家具を活用することで、新生活を始める際の出費を抑えられるというメリットをユーザーに訴求する。

具体的な価格と家具の組み合わせは次のとおり。1であれば月額 7410円からで24カ月利用で17万7840円、購入した場合の合計は18万2790円。2であれば月額11560円からで24カ月利用で合計27万7440円、購入した場合の合計は28万3230円。3であれば月額11990円からで24カ月利用で28万7760円、購入した場合の合計は29万4030円。このように2年間の利用であれば、家具を買うよりも5000円程度安くなるのだ。