iPad mini
iPad Air

アップルが10.5インチのiPad Airと7.9インチのiPad miniを発表、史上初の5画面ラインアップに

次の記事

不動産売買の業務支援システム「キマール」を個人向けに無料開放

アップルは3月18日、iPadシリーズのラインアップをアップデートし、10.5インチのiPad Airと7.9インチのiPad miniをリリースした。iPad Airは2014年10月にリリースされたiPad Air 2から約4年半ぶりの復活、iPad miniは2015年9月にリリースされたiPad mini 4から約3年半振りのアップデートとなる。世代で表記するとiPad Airは第3世代、iPad miniは第5世代だ。

いずれも、プロセッサー(SoC)はApple A12 Bionic、指紋認証センサーのTouch ID、64GB/256GBのストレージを搭載し、第1世代のApple Pencilに対応する。カメラは前面のFaceTimeカメラが700万画素、背面が800万画素と控えめ。iPad Proシリーズとは異なり、背景を擬似的にぼかすことができる「ポートレートモード」、さまざな照明効果を擬似的に付与できる「ポートレートライティング」、前面カメラに写したユーザーの顔の動きと連動して動物のキャラクターに動きを与えられる「アニ文字」と、同様に自分好みのキャラクターを作って動きを与えられる「ミー文字」には対応していない。

カラバリは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色。そのほかiPad Airは専用端子のSmart Connector経由で本体カバーにもなる薄型キーボード「Smart Keyboard」を利用可能だ。

従来同様、Wi-Fiモデルとセルラーモデルを用意しており、いずれもWi-FiはIEEE802.11ac対応、セルラーモデルは、nano-SIMとeSIMを利用可能だ。

税別価格は、iPad AIrのWi-Fiモデルの64GBが5万4800円、256GBが7万1800円。セルラーモデルがそれぞれ6万9800円と8万6800円。iPad miniのWi-Fiモデルはそれぞれ4万5800円と6万2800円、セルラーモデルがそれぞれ6万800円と7万7800円。

真新しい点は少ないが、既存の技術を結集してコストダウンを図った普及モデルという位置付けだ。特に長らく放置されてきたiPad miniの後継モデルが登場したことは、ファンにとっては非常に喜ばしいところ。これによって、7.9、9.7、10.5、11、12.9インチと5つの画面サイズをラインアップすることになったiPad。もちろん、アップル史上最もラインアップの多い製品シリーズとなった。

ストレージ容量はiPad Air/iPad miniが64GBと256GB、iPad(第6世代)が32GBと128GBと同一容量を用意していない点は、悩ましい価格差を生み出している新旧iPhoneを併売する際の手法に似ている。iPhoneとは異なり旧モデルは併売していないが、iPad Airは実質10.5インチのiPad Proの生まれ変わり、iPad miniはiPad Airのダウンサイジング版でiPad mini 4の正統進化版といえる。MacBookシリーズをも上回る5画面のラインアップ展開するiPadシリーズを完成させたアップル、いったいどこに向かうのか。

個人的にはiPad miniユーザーが待ちに待った新モデルだったので、廉価版でなくProシリーズの高級モデルで出したほうが注目度は高かったと感じた。しかし、スマホでiPhoneの旧モデルを含む廉価モデルが市場を席巻していることを考えると、アップルでさえ安さが正義だったのかもしれない。