Radeon Pro Vega
インテル第9世代Core

新iMacシリーズはインテル第9世代Core搭載、連日のアップル新製品発表

次の記事

モービーの最新アルバムは瞑想アプリのCalm経由のみで発売

アップルは3月19日、iMacシリーズの新モデルを発表した。昨日のiPadシリーズに続く連日の発表は異例だ。広報の方針が変わったのだろうか。

発表されたのは、21.5インチと27インチのモデルで、後者はCTOで8コアのインテル第9世代CoreプロセッサーとRadeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ)を選べる。21.5インチは4K、27インチは5Kの解像度の液晶ディスプレイを搭載する。税別価格は、21.5インチモデルが14万2800円から、27インチモデルが19万8800円からと、最新モデルもプライスパフォーマンスのよさは相変わらずだ。

CPUやGPUの強化が主な変更点で、最新のiPhoneやiPadに搭載されているTrue DepthカメラによるFace IDでの顔認証、最新のMacBookシリーズのキーボード上に搭載されているTouch IDによる指紋認証などは採用されなかった。

少しでもマシンパワーを強化したいヘビーユーザーやちょうど買い替えを考えていたユーザーを除くと、無理してでも買いたいほどの魅力には欠ける印象だ。そもそも映像や音楽などの制作・編集以外の用途であれば、4、5年前のiMacのCPUスペックでも十分高速。Windowsとは異なりMacはPCゲームの需要が低く、対応するVR/MR系ハードウェアも少ないのでGPUパワーを必要とするシーンは少ない。その完成度の高さゆえ、ユーザーに買い替えを喚起するのは年々難しくなっている。

外部接続インターフェースは、ヘッドフォン、SDXCカードスロット、USB 3.0×4(タイプA)、Thunderbolt 3(USB 3.1タイプC)×2,ギガビットイーサネットと旧モデルと同様だ。

少しややこしいが、4Kディスプレイを搭載する21.5インチiMacのプロセッサーは1世代古い第8世代Coreプロセッサーで、4コアのCore i3 3.6GHz、6コアのCore i5 3.0GHzの2モデルを用意する。いずれも6コア3.2GHzのCore i7に変更できる。アップルによると最高で60%の高速化を果たしているとのこと。

メモリーはいずれも8GBで、16GB/32GBに変更可能だが、購入後にユーザーが増設することはできない。

ストレージは、Core i3 3.6GHzの下位モデルが1TB HDD、Core i5 3.0GHzの上位モデルが1TB Fusion Drive。こちらもオプションで、256GB/512GB/1TBのSSDに変更できる。Fusion Driveとは、HDDとSSDをソフトウェア的に組み合わせたアップル独自のストレージで、SSDの高速性とHDDの大容量を両立させているのが特徴だ。

GPUは、下位モデルがRadeon Pro 555X(2GB GDDR5メモリ)、上位モデルがRadeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ)。上位モデルのみRadeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ)に変更できる。

税別価格は、下位モデルが14万2800円、上位モデルが16万4800円。上位モデルのCPUとGPU、メモリーを最高スペックにして、ストレージを1TB SSDにした場合は32万9800円となる。

27インチモデルは、冒頭で紹介したように第9世代Coreプロセッサー搭載。下位は6コアのCore i5 3.0GHz、中位は6コアの Core i5 3.1GHz、上位は6コアのCore i5 3.7GHzの3モデルをラインアップする。中上位モデルは、オプションで8コアの3.6GHz Core i9に変更可能だ。アップルによると最高で2.4倍の高速化を果たしているとのこと。

メモリーはいずれも標準で8GB。オプションで下位モデルは16GB/32GB、中上位モデルは16GB/32GB/64GBに変更できる。21.5インチとは異なり、ユーザーがアクセスできるメモリースロットを備えているので、あとから増設することも可能だ。

ストレージは下位モデルから順に、1TB Fusion Drive、1TB Fusion Drive、2TB Fusion Drive。下中位モデルはオプションで、2TB/3TB Fusion Drive、256GB/512GB/1TB SSDに変更可能。上位モデルは3TB Fusion Drive、512GB/1TB/2TB SSDを選べる。

GPUは下位モデルから順に、Radeon Pro 570X(4GB GDDR5メモリ)、Radeon Pro 575X(4GB GDDR5メモリ)、Radeon Pro 580X(8GB GDDR5メモリ)。上位モデルは、Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ)にカスタマイズ可能だ。

税別価格は、下位モデルが19万8800円、中位モデルが22万800円、上位モデルが25万3800円。上位モデルのCPUとGPU、メモリーを最高スペックにして、ストレージを2TB SSDにした場合は57万8300円となる。